値を返す

値を返すには、 RETURN コマンドを使用します。次の場所から値を返すことができます。

  • ストアドプロシージャのブロック。

  • 匿名ブロック。

次に挙げるいずれかの型の値を返すことができます。

  • SQL データ型

  • テーブル。 RETURN ステートメントで TABLE(...) を使用します。

    ブロックがストアドプロシージャにある場合は、 CREATE PROCEDURE ステートメントで RETURNS TABLE... 句も指定する必要があります。

    注釈

    現在、 CREATE PROCEDURERETURNS TABLE(...) 句では、列型として GEOGRAPHY を指定できません。

    CREATE OR REPLACE PROCEDURE test_return_geography_table_1()
    RETURNS TABLE(g GEOGRAPHY)
    ...
    

    指定した場合にストアドプロシージャを呼び出すと、次のエラーが発生します。

    CALL test_return_geography_table_1();
    
    Stored procedure execution error: data type of returned table does not match expected returned table type
    

    これを回避するには、 RETURNS TABLE() の列の引数と型を省略できます。

    CREATE OR REPLACE PROCEDURE test_return_geography_table_1()
    RETURNS TABLE()
    ...
    

    RESULTSET がポイントするデータを返す場合は、次の例に示すように、 RESULTSETTABLE(...) に渡します。

    create procedure ...
    returns table(...)
    ...
    return table(my_result_set);
    ...
    

    RESULTSET をテーブルとして返す をご参照ください。

最上部に戻る