ステップ5。おめでとうございます。

チュートリアルを無事完了しました。

チュートリアルのキーポイント

  • 論理的で詳細なパスを使用してS3バケットのイベントデータをパーティション分割すると、パーティション分割されたデータのサブセットを単一のコマンドでSnowflakeにコピーできます。

  • Snowflakeの column.element 表記は、おなじみの SQL テーブル。行 表記に似ており、JSON データに埋め込まれた定義基づいて動的に得られた列内の列(つまり、サブ列)を効率的にクエリできます。

  • LATERAL FLATTEN 関数を使用すると、 JSON データを個別の列に解析できます。

  • ステージングされたデータファイルとの比較に基づいてテーブルデータを更新するために、いくつかのオプションを使用できます。

チュートリアルのクリーンアップ(オプション)

次の DROP <オブジェクト> コマンドを実行して、システムをチュートリアルを開始する前の状態に戻します。

DROP DATABASE IF EXISTS mydatabase;
DROP WAREHOUSE IF EXISTS mywarehouse;

データベースをドロップすると、テーブルなどのすべての子データベースオブジェクトが自動的に削除されます。

ちなみに

ウェアハウスをドロップする前に、ウェアハウスを必要とする他のチュートリアルを完了するかどうかを検討します。他のチュートリアルにこのウェアハウスを再利用すると、時間とクレジットを節約できる場合があります。