SnowSQL でのSnowflakeスクリプトと従来のウェブインターフェイスの使用

このトピックでは、 SnowSQL と従来のウェブインターフェイスで、Snowflakeスクリプトの例を実行する方法について説明します。

注釈

他のクライアントとインターフェイス(例: Snowsight または JDBC ドライバー)を使用している場合は、このトピックをスキップして、 Snowflakeスクリプトのブロック にある次のセクションに進むことができます。

このトピックの内容:

紹介

現在、 SnowSQL従来のウェブインターフェイス は、Snowflakeスクリプトのブロックを正しく解析しません。Snowflakeスクリプトのブロックを入力して実行すると、次のエラーが発生する可能性があります。

SQL compilation error: syntax error line 2 at position 25 unexpected '<EOF>'

SnowSQL または従来のウェブインターフェイスを使用している場合、これを回避するには、Snowflakeスクリプトのブロックの開始と終了の前後に区切り文字を使用する必要があります。

次のセクションでは、これを行う方法について説明します。

ストアドプロシージャのブロック周辺における文字列定数区切り文字の使用

SnowSQL または従来のウェブインターフェイスでストアドプロシージャを作成する場合は、Snowflakeスクリプトのブロックを 一重引用符または二重ドル記号 で囲みます。例:

CREATE OR REPLACE PROCEDURE myprocedure()
  RETURNS VARCHAR
  LANGUAGE SQL
  AS
  $$
    -- Snowflake Scripting code
    DECLARE
      radius_of_circle FLOAT;
      area_of_circle FLOAT;
    BEGIN
      radius_of_circle := 3;
      area_of_circle := pi() * radius_of_circle * radius_of_circle;
      RETURN area_of_circle;
    END;
  $$
  ;

ブロックを文字列リテラルとして EXECUTE IMMEDIATE に渡す

匿名ブロック を記述している場合は、ブロックを文字列リテラルとして EXECUTE IMMEDIATE コマンドに渡します。文字列リテラルを区切るには、 一重引用符または二重ドル記号 を使用します。

例:

EXECUTE IMMEDIATE $$
-- Snowflake Scripting code
DECLARE
  radius_of_circle FLOAT;
  area_of_circle FLOAT;
BEGIN
  radius_of_circle := 3;
  area_of_circle := pi() * radius_of_circle * radius_of_circle;
  RETURN area_of_circle;
END;
$$
;

別の方法として、ブロックを含む文字列リテラルである セッション変数 を定義し、そのセッション変数を EXECUTE IMMEDIATE コマンドに渡すことができます。例:

set stmt =
$$
declare
    radius_of_circle float;
    area_of_circle float;
begin
    radius_of_circle := 3;
    area_of_circle := pi() * radius_of_circle * radius_of_circle;
    return area_of_circle;
end;
$$
;

execute immediate $stmt;
最上部に戻る