Google Cloud Consoleを使用した GCP の外部関数の作成

これらのトピックでは、Google Cloud Consoleのユーザーインターフェイスを使用して、 GCP (Google Cloud Platform)でホストされる外部関数を作成するための詳細な手順を説明します。これらの手順は、Snowflakeにより提供されるサンプルの外部関数を作成するか、独自の外部関数を作成するためのガイドとして使用できます。

これらのトピックでは、次の方法を学習します。

  • 基本的なGoogle Cloud Functionをリモートサービスとして作成し、Google Cloud API Gatewayをプロキシサービスとして作成します。

  • Snowflakeで API 統合と外部関数自体を作成します。

  • セキュリティポリシーを使用してAPIゲートウェイを保護します。

これらのトピックでは、Google Cloud Consoleにすでに精通していることを前提としています。これらは、完了する必要のある一般的な手順を説明していますが、コンソールについては詳しく説明していません。

ちなみに

Googleは、これらのステップの多くに使用できるコマンドラインインターフェイスも提供しています。詳細については、GCP gcloud ドキュメント をご参照ください。

参照:

ステップ:

最上部に戻る