ステップ1。ファイル形式オブジェクトを作成する

名前付きファイル形式オブジェクトは、ファイルからテーブルにデータをロードするために必要なすべての形式情報を保存する便利な手段を提供します。

CREATE FILE FORMAT を実行して、チュートリアルの残りの部分で参照するファイル形式を作成します。

通常の使用では、この手順はオプションですが、特定の形式の多数のファイルをロードする場合に推奨されます。

CSV ファイル形式

次の例では、次のパラメーターを使用して mycsvformat という名前のファイル形式を作成します。

TYPE = CSV

ファイル形式のタイプ。デフォルト値は CSV です。

FIELD_DELIMITER = '|'

入力ファイルのフィールドを区切る文字。デフォルト値は ',' です。

SKIP_HEADER = 1

ファイルの先頭のヘッダー行の数。COPY コマンドは、データをロードするときにこれらの行をスキップします。デフォルト値は 0 です。

CREATE OR REPLACE FILE FORMAT mycsvformat
  TYPE = 'CSV'
  FIELD_DELIMITER = '|'
  SKIP_HEADER = 1;

JSON ファイル形式

次の例では、次のパラメーターを使用して myjsonformat という名前のファイル形式を作成します。

TYPE = JSON

ファイル形式のタイプ。デフォルト値は CSV です。

STRIP_OUTER_ARRAY = TRUE

ルートブラケット [ ] を削除するように JSON のパーサーに指示します。

CREATE OR REPLACE FILE FORMAT myjsonformat
  TYPE = 'JSON'
  STRIP_OUTER_ARRAY = TRUE;

次: ステップ2。名前付きステージオブジェクトを作成する