サンプルデータベースの使用

サンプルデータベース SNOWFLAKE_SAMPLE_DATAは、アカウントで作成するデータベースと同じですが、読み取り専用である点が異なります。そのため、次の操作は許可されていません。

  • データセットスキーマでは DDL を実行できません(テーブルやその他のデータベースオブジェクトを追加、削除、または変更できません)。

  • スキーマ内のテーブルで DML を実行できません。

  • データベースまたはデータベース内のスキーマ/テーブルに対して、複製や Time Travelを実行することはできません。

ただし、すべて同じコマンドと構文を使用して、サンプルデータベース、スキーマ、テーブルを表示したり、テーブルでクエリを実行したりすることができます。

注釈

サンプルデータベースは、新しいアカウントに対してデフォルトで有効化されています。アカウントでデータベースが有効化されていないけれども、それにアクセスしたいという場合は、 Snowflakeサポート にお問い合わせください。

このトピックの内容:

サンプルデータベースの表示

サンプルデータベースとそのコンテンツは、ウェブインターフェイスまたは SQL を使用して表示できます。

ウェブインターフェイス

Databases Databases tab » SNOWFLAKE_SAMPLE_DATA をクリックします:

  • オブジェクトタブをクリックして、データベース内のオブジェクトに関する概要情報を表示します。

  • オブジェクトの名前をクリックして、オブジェクトに関する詳細を表示します。

SQL

SHOW DATABASES コマンドを実行します。

関連する SHOW <オブジェクト> コマンドを使用して、サンプルデータベース内のオブジェクトを表示することもできます。

例えば、 SQLでは次のようになります:

show databases like '%sample%';

+-------------------------------+-----------------------+------------+------------+-------------------------+--------------+---------+---------+----------------+
| created_on                    | name                  | is_default | is_current | origin                  | owner        | comment | options | retention_time |
|-------------------------------+-----------------------+------------+------------+-------------------------+--------------+---------+---------+----------------|
| 2016-07-14 14:30:21.711 -0700 | SNOWFLAKE_SAMPLE_DATA | N          | N          | SFC_SAMPLES.SAMPLE_DATA | ACCOUNTADMIN |         |         | 1              |
+-------------------------------+-----------------------+------------+------------+-------------------------+--------------+---------+---------+----------------+

この例では、サンプルデータベース SNOWFLAKE_SAMPLE_DATA がSnowflakeによって アカウント と共有されていることを示しています。

SHOW DATABASES 出力の origin 列(またはインターフェイスの Databases Databases tab ページの Origin 列)には、共有データベースの完全修飾名 SFC_SAMPLES が表示されます。SAMPLE_DATA は、SFC_SAMPLES アカウントから(サンプルデータを共有するためにSnowflakeが使用)に起因することを示しています。

サンプルデータベースのテーブルとビューのクエリ

サンプルデータベースでテーブルまたはビューを使用するには、次のいずれかを実行します。

  • クエリでテーブルの完全修飾名を参照します(snowflake_sample_data.schema_name.object_name の形式)。

    OR

  • USE DATABASE または USE SCHEMA コマンドを使用して、セッションのサンプルデータベース(およびスキーマ)を指定します。

次の2つの例は、両方のアプローチを使用して tpch_sf1 スキーマの lineitem テーブルをクエリする方法を示しています。

select count(*) from snowflake_sample_data.tpch_sf1.lineitem;

+----------+
| COUNT(*) |
|----------|
|  6001215 |
+----------+

use schema snowflake_sample_data.tpch_sf1;

select count(*) from lineitem;

+----------+
| COUNT(*) |
|----------|
|  6001215 |
+----------+

注釈

クエリを実行するには、セッションで実行中の現在のウェアハウスが必要です。 USE WAREHOUSE コマンドを使用して(またはウェブインターフェイスのワークシート内で)セッションで現在のウェアハウスを設定します。

チュートリアル SQL スクリプトの使用

Snowflakeは一連のチュートリアルを提供します。これは注釈付きのSQL ステートメントで、サンプルデータセットをクエリして一連の実用的なビジネス上の質問に答えます。

チュートリアルにアクセスするには、次を実行します。

  1. Worksheets Worksheet tab ページで、ワークシートのタブの横にある下矢印をクリックして Open Tutorials を選択します。

    ../_images/ui-sql-worksheet-ws-menu.png
  2. Open Worksheet ダイアログには、利用可能なチュートリアルのリストが表示されます。ダイアログでチュートリアルを選択し、 Open ボタンをクリックします。

    ../_images/ui-sql-worksheet-ws-dialog.png
  3. チュートリアルのコンテンツを含む新しいワークシートが作成されます。

    ../_images/ui-sql-worksheet-ws-tutorial.png

その後、ワークシートで行うように、チュートリアルでクエリを実行できます。ワークシート内のチュートリアルを変更して、カスタムワークシートとして保存することもできます。