Google Cloud Consoleを使用して GCP の外部関数を作成する計画

これらの手順は、Google Cloud Consoleのユーザーインターフェイスを使用して、 GCP (Google Cloud Platform)で外部関数を作成するための準備に役立ちます。

このトピックの内容:

前提条件

前提条件は次のとおりです。

  • Google Cloudプロジェクト ID が必要です。

  • Google Cloud Projectで適切なサービスを有効にする必要があります。詳細な要件については、Google Cloud API Gatewayクイックスタートドキュメント をご確認ください。

Google Cloud Consoleを使用して GCP の外部関数を作成するためのワークシート

外部関数を作成するときは、入力した特定の情報(例: Cloud Functionトリガー URL)を記録して、後続のステップでその情報を使用できるようにする必要があります。以下のワークシートは、この情報を追跡するのに役立ちます。

======================================================================================
======================================= Worksheet ====================================
======================================================================================

--------------- Cloud Function (remote service) Information ---------------

Cloud Function Trigger URL: _______________________________________________


---------------------- API Config File Information ------------------------

Path Suffix ..............: _______________________________________________

Configuration File Name ..: _______________________________________________


----------------- API Gateway (proxy service) Information -----------------

Managed Service Identifier: _______________________________________________

Gateway Base URL .........: _______________________________________________


------------ API Integration Information ------------

API Integration Name .....: _______________________________________________

API_GCP_SERVICE_ACCOUNT ..: _______________________________________________


------------ External Function Information ------------

External Function Name ...: _______________________________________________


--------------------------- Security Information --------------------------

Security Definition Name .: _______________________________________________

次のステップ

外部関数の作成を開始するには、次のステップに進みます。

ステップ1: リモートサービスを作成する(Google Cloud Function)