カテゴリ:

条件式関数

ZEROIFNULL

引数がnullの場合、0を返します。それ以外の場合は引数を返します。

構文

ZEROIFNULL( <expr> )

引数

入力は、数値(または NULL)に評価される式でなければなりません。

戻り値

入力式の値が NULLの場合、これは0を返します。それ以外の場合、これは入力式の値を返します。

戻り値のデータ型は NUMBER(p, s) です。「p」(精度)および「s」(スケール)の正確な値は、入力式に依存します。例えば、入力式が3.14159の場合、出力値のデータ型は NUMBER(7, 5) になります。

次の例は、さまざまな入力値に対する関数の出力を示しています。

SELECT column1, ZEROIFNULL(column1) 
    FROM VALUES (1), (null), (5), (0), (3.14159);
+---------+---------------------+
| COLUMN1 | ZEROIFNULL(COLUMN1) |
|---------+---------------------|
| 1.00000 |             1.00000 |
|    NULL |             0.00000 |
| 5.00000 |             5.00000 |
| 0.00000 |             0.00000 |
| 3.14159 |             3.14159 |
+---------+---------------------+