データ転送の課金について

クラウドプロバイダーは、次のいずれかのユースケースで データエグレス 料金を適用します。

  • 同じ クラウドプラットフォーム にある、1つの地域から別の地域にデータが転送された。

  • クラウドプロバイダーからデータが転送された。

これらの費用を回収するために、Snowflakeは、ユーザーがSnowflakeアカウント(AWS、Google Cloud Platform、またはMicrosoft Azureでホストされている)から同じクラウドプラットフォームの別の地域にあるクラウドストレージ、または別のクラウドプラットフォームにあるクラウドストレージにデータを転送する時に、バイトごとの料金を請求します。

1バイトあたりの請求額は、Snowflakeアカウントがホストされている地域によって異なります。データ転送の価格については、(Snowflakeウェブサイト上の) 価格ガイド をご参照ください。

注釈

Snowflakeは、 データ受信 料金を 請求しません。ただし、クラウドストレージプロバイダー(Amazon S3、Google Cloud Storage、またはMicrosoft Azure)に連絡して、プロバイダーのネットワークおよび発信元の地域からクラウドプロバイダーのネットワーク、およびSnowflakeアカウントがホストされている地域にデータを転送する際に、データ送信料が適用されるかどうかを確認してください。

このトピックの内容:

データ転送課金のユースケース

Snowflakeは現在、次のユースケース のみ でデータ出力料金を適用しています。

Snowflakeからのデータのアンロード

COPY INTO <場所> を使用して、Snowflakeアカウントがホストされているリージョンとは異なるリージョン、またはクラウドプラットフォームのクラウドストレージにデータをアンロードする。

データベースの複製

プライマリ(元の)Snowflakeアカウントがホストされている地域とは異なる地域、またはクラウドプラットフォームのSnowflakeアカウントにデータを複製する。

外部関数
  • AWS:

    • Snowflakeアカウントからのデータ転送は、Snowflakeアカウントをホストしているクラウドプラットフォームやアカウントが存在する地域に関係なく、クロスクラウドプラットフォームのレートで課金されます。

    • API Gatewayプライベートエンドポイントを介して送信されたデータには、入力と出力の両方で PrivateLink の料金が発生します。

  • Azure:

    • Snowflakeアカウントがホストされている場所とは異なるリージョンまたはクラウドプラットフォームへのデータ転送には、エグレス料金が発生します。同じリージョン内でのデータ転送は無料です。

  • GCP:

    • Snowflakeアカウントがホストされている場所とは異なるリージョンまたはクラウドプラットフォームへのデータ転送には、エグレス料金が発生します。同じリージョン内でのデータ転送は無料です。

注釈

Snowflakeクライアントまたはドライバーが、同じクラウドプラットフォーム内のリージョン間または異なるクラウドプラットフォーム間でクエリ結果を取得する場合、Snowflakeはデータのエグレス料金を適用 しません

アカウントのデータ転送履歴の表示

ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザーは、 Snowsight、 classic web interface、または SQL を使用して、指定された日付範囲内のSnowflakeアカウントのデータ転送量(バイト単位)を表示できます。

アカウントのデータ転送量を表示するには、

Snowsight

Select Admin » Usage

Classic Web Interface

Account Account tab » Billing & Usage をクリックします

SQL

次のいずれかをクエリします。

この情報へのアクセスに使用される方法に関係なく、イングレスフローとエグレスフローの両方のデータ転送番号が提供されることに注意してください。現在のSnowflakeアカウントには、データエグレスに対して のみ 課金されます。