ODBC ドライバー診断サービス

Snowflakeサポートが顧客のインシデントを診断するのを支援するために、Snowflake ODBC ドライバーはバックグラウンドで実行される診断サービスを利用します。ドライバーが正常に実行できない問題が発生すると、診断サービスは問題に関する情報を記録します。

  • サービスは、単一の圧縮された sf_incident_log.dmp.gz ファイルをデフォルトで /tmp フォルダーに書き込みます。

  • 別の ODBC ダンプファイルの場所は、 simba.snowflake.ini 構成ファイルの LogPath プロパティを使用して指定できます。

重要

ダンプファイルには、問題の解決をさらに支援するために、機密情報( IP アドレスなど)が含まれている場合があります。これらのファイルはローカルにのみ保存されます。Snowflakeには送信 されません 。Snowflakeサポートの問題を診断する場合などには、ファイルの共有を選択する必要があります。

ドライバーによるダンプファイルの作成を防止する場合は、 simba.snowflake.ini 構成ファイルで DisableSfDumps=true パラメーターを設定します。

ドライバーで問題が発生すると、サービスは診断情報をSnowflakeに送信して、問題の解決に役立てることもあります。この情報には以下が含まれます。

  • ドライバーのバージョン情報。

  • 問題の一般的な説明。

  • 問題に関連するドライバーのスタックトレース。アカウント名を除き、これらのスタックトレースには顧客情報は含まれません。