廃止された機能

このトピックでは、Snowflakeバージョン5.40で廃止されたSnowflake SQL API の機能について説明します。

SQL API の現在の動作については、 Snowflake SQL API 開発者ガイド をご参照ください。

このトピックの内容:

廃止された SQL API 機能の使用

SQL API の 現在のバージョン は、デフォルトで有効になっています。廃止されたバージョンにアクセスするには、次のエンドポイントを使用します。

エンドポイント

説明

/api/statements/

このエンドポイントを使用して、実行する SQL ステートメントを送信します。

/api/statements/statementHandle

このエンドポイントを使用して、 ステートメントの実行ステータスを確認 します。(statementHandle は、実行のために送信されたステートメントの一意の識別子。)

/api/statements/statementHandle/cancel

このエンドポイントを使用して、ステートメントの実行をキャンセルします。

注釈

これらのエンドポイントはサポートされなくなり、下位互換性のためにのみ提供されます。これらは将来のリリースで無効になります。

変更および廃止された機能

廃止された SQL API 機能を使用する場合に、結果をページ付けするように pageSize リクエストパラメーターを設定すると、Snowflakeは結果の最初のページを応答で返します。 ResultSet オブジェクトにある ResultSet_resultSetMetaData オブジェクトの numPages フィールドを使用して、結果の合計ページ数を決定できます。

結果の次のページまたは結果の他のページを取得するには、 HTTP 応答の Link ヘッダーで提供される URLs を使用します。 Link ヘッダーは、結果の最初、次、前、および最後のページを取得するための URLs を指定します

次の機能が変更または廃止になりました。

  • GET リクエストと POST リクエストの両方で nullable パラメーターを指定できます。

  • pageSize パラメーターを使用して、クエリによって返される行数を指定します。ページサイズは、最小サポート数(10)からページ当たりでサポートされている最大数(10000)までの範囲です。デフォルトでは、返される行数はステートメントの実行によって異なります。

  • page を使用して、結果のどのページを返すかを識別します。この数の範囲は、0から合計ページ数より1を引いた数までです。

  • 行番号は、デフォルトでデータセットの一部として返されます。

結果セットのページサイズが制限を超えているかどうかの判断

SQL API にある廃止された機能では、最大サイズが約10 MB の結果セットページを返すことができます。

結果セットページがこのサイズを超える場合、エンドポイントには本文に切り捨てられた結果セットが含まれ、 code フィールドが 391908 に設定された HTTP 200応答を返します。

HTTP/1.1 200 OK
...
{
  "code": "391908",
  ...
}

これが発生した場合は、 pageSize パラメーターをページの最大サイズ内に収まる小さな値に設定して、リクエストを再度送信します。

最上部に戻る