ビット単位の式関数

この関数のファミリーを使用して、数値または数値レコードのグループに対してビット演算を実行できます。

関数名

構文

概要説明

BITAND

BITAND(a, b)

2つの数値式(ab)のビット単位 AND です。

BITAND_AGG

BITAND_AGG(a)

BITAND と同じですが、グループ aすべて の数値レコード全体です。

BITNOT

BITNOT(a)

a 数値式のビット単位の否定です。

BITOR

BITOR(a, b)

2つの数値式(ab)のビット単位 OR です。

BITOR_AGG

BITOR_AGG(a)

BITOR と同じですが、グループ aすべて の数値レコード全体です。

BITSHIFTLEFT

BITSHIFTLEFT(a, n)

a 数値式 n の位置のビットを左にシフトします。

BITSHIFTRIGHT

BITSHIFTRIGHT(a, n)

a 数値式 n の位置のビットを右にシフトし、符号を拡張します。

BITXOR

BITXOR(a, b)

2つの数値式(ab)のビット単位 XOR です。

BITXOR_AGG

BITXOR_AGG(a)

BITXOR と同じですが、グループ aすべて の数値レコード全体です。

GETBIT

GETBIT(a, n)

a 数値式の位置 n のビットを取得します。

最上部に戻る