スカラー関数

このドキュメントは、カテゴリ別にグループ化されたシステム定義のスカラー関数へのリンクを提供します。

スカラー関数は、呼び出しごとに1つの値を返す関数です。ほとんどの場合、これは行ごとに1つの値を返すと考えることができます。これは、行のグループごとに1つの値を返す 集計関数 とは対照的です。

カテゴリ

説明

ビット単位の式関数

式に対してビット演算を実行します。

条件式関数

条件式を操作します。

コンテキスト関数

現在の環境、セッション、およびオブジェクトに関するコンテキスト情報を提供します。

変換関数

式をあるデータ型から別のデータ型に変換します。

データ生成関数

ランダムまたはシーケンシャルな値を生成します。

日付と時刻の関数

日付、時刻、タイムスタンプを操作します。

暗号化機能

VARCHAR または BINARY の値に対して暗号化と復号化を実行します。

地理空間関数

地理空間データを操作します。

数値関数

数値に対して四捨五入、切り捨て、指数、ルート、対数、および三角関数の演算を実行します。

半構造化データ関数

半構造化データ(JSON、Avroなど)を操作します。

文字列とバイナリ関数

文字列入力を操作および変換します。

文字列関数(正規表現)

正規表現に一致するアイテムに対して操作を実行する文字列のサブセット関数です。

ユーティリティとハッシュ関数

決定論的アルゴリズムを使用して、値を符号付き64ビット整数にハッシュします。