カテゴリ:

ビット単位の式関数

BITNOT

数値式のビット単位の否定を返します。

エイリアス:

BIT_NOT

構文

BITNOT( <expr> )

引数

この式は、 INTEGER にキャストできるデータ型に評価される必要があります。

戻り値

入力式のビット単位の否定を表す整数を返します。

使用上の注意

  • 引数のデータ型が数値で INTEGER ではない場合(FLOAT、 DECIMALなど)、引数は INTEGER にキャストされます。

  • 引数のデータ型が文字列( VARCHAR など)の場合、可能であれば引数は INTEGER にキャストされます。例えば、文字列「12.3」は12にキャストされます。値を INTEGER にキャストできない場合、値は NULLとして扱われます。

  • 引数 がNULLの場合、結果は NULLになります。

次の例は、 BITNOT の使用方法を示しています。

簡単なテーブルとデータを作成します。

CREATE TABLE bits (ID INTEGER, bit1 INTEGER, bit2 INTEGER);
INSERT INTO bits (ID, bit1, bit2) VALUES 
    (   11,    1,     1),    -- Bits are all the same.
    (   24,    2,     4),    -- Bits are all different.
    (   42,    4,     2),    -- Bits are all different.
    ( 1624,   16,    24),    -- Bits overlap.
    (65504,    0, 65504),    -- Lots of bits (all but the low 6 bits)
    (    0, NULL,  NULL)     -- No bits
    ;

クエリを実行します。

SELECT bit1, bit2, BITNOT(bit1), BITNOT(bit2) FROM bits;

出力:

+------+-------+--------------+--------------+
| BIT1 |  BIT2 | BITNOT(BIT1) | BITNOT(BIT2) |
|------+-------+--------------+--------------|
|    1 |     1 |           -2 |           -2 |
|    2 |     4 |           -3 |           -5 |
|    4 |     2 |           -5 |           -3 |
|   16 |    24 |          -17 |          -25 |
|    0 | 65504 |           -1 |       -65505 |
| NULL |  NULL |         NULL |         NULL |
+------+-------+--------------+--------------+