カテゴリ:

条件式関数

IFNULL

expr1 が NULL の場合は、 expr2 を返します。それ以外の場合は expr1 を返します。

エイリアス

NVL

構文

IFNULL( <expr1> , <expr2> )

引数

expr1

一般的な式です。

expr2

一般的な式です。

使用上の注意

  • 可能であれば、同じ型の引数を渡します。異なる型の引数を渡すことは避けます。

  • 引数の1つが数値の場合、関数は、非数値文字列引数(例: 'a string')と型 NUMBER(18,5)の定数ではない文字列引数を 強制 します。

    定数ではない数値文字列引数で、 NUMBER(18,5)が数値を表すのに十分でない場合は、値を表すことができる型に引数を キャスト する必要があります。

  • どちらの式にも UNIONINTERSECTEXCEPTMINUS などの集合演算子を含む SELECT ステートメントを含めることができます。セット演算子を使用する場合は、データ型に互換性があることを確認してください。詳細については、 集合演算子 トピックの 一般的な使用上の注意 をご参照ください。

照合の詳細

SELECT a, b, IFNULL(a,b), IFNULL(b,a) FROM i;

--------+--------+-------------+-------------+
   a    |   b    | ifnull(a,b) | ifnull(b,a) |
--------+--------+-------------+-------------+
 0      | 5      | 0           | 5           |
 0      | [NULL] | 0           | 0           |
 [NULL] | 5      | 5           | 5           |
 [NULL] | [NULL] | [NULL]      | [NULL]      |
--------+--------+-------------+-------------+
最上部に戻る