カテゴリ:

条件式関数

LEAST

式のリストから最小値を返します。LEAST は、 VARIANTを含むすべてのデータ型をサポートします。

構文

LEAST( <expr> , ... )

引数

引数には少なくとも1つの式を含める必要があります。すべての式は同じ型または互換性のある型である必要があります。

使用上の注意

  • 最初の引数は戻り値の型を決定します。

    • 最初の型が数値の場合、戻り値の型はすべての引数のリスト内の数値型に従って「拡張」されます。

    • 最初の型が数値でない場合、他のすべての引数は最初の型に変換可能でなければなりません。

    • 引数値のいずれかが NULL の場合、結果は NULLになります。

照合の詳細

  • The collation specifications of all input arguments must be compatible.

  • The comparisons follow the collation based on the input arguments' collations and precedences.

  • The collation of the result of the function is the highest-precedence collation of the inputs.

基本的な例:

SELECT LEAST(1, 3, 0, 4);
+-------------------+
| LEAST(1, 3, 0, 4) |
|-------------------|
|                 0 |
+-------------------+
SELECT
      col_1,
      col_2,
      col_3,
      LEAST(col_1, col_2, col_3) AS least
    FROM (SELECT 1 AS col_1, 2 AS col_2, 3 AS col_3
          UNION ALL
          SELECT 2, 4, -1
          UNION ALL
          SELECT 3, 6, NULL
         );
+-------+-------+-------+-------+
| COL_1 | COL_2 | COL_3 | LEAST |
|-------+-------+-------+-------|
|     1 |     2 |     3 |     1 |
|     2 |     4 |    -1 |    -1 |
|     3 |     6 |  NULL |  NULL |
+-------+-------+-------+-------+