カテゴリ:

条件式関数

NULLIF

式1式2 と等しい場合は NULL を返し、それ以外の場合は 式1 を返します。

構文

NULLIF( <expr1> , <expr2> )

引数

式1

任意のデータ型の一般式です。

式2

式1 と同じデータ型に評価される一般式です。

戻り値

返される値のデータ型は、 式1 のデータ型です。

照合の詳細

  • The collation specifications of all input arguments must be compatible.

  • The collation of the result is the same as the collation of the first input.

SELECT a, b, NULLIF(a,b) FROM i;

--------+--------+-------------+
   a    |   b    | nullif(a,b) |
--------+--------+-------------+
 0      | 0      | [NULL]      |
 0      | 1      | 0           |
 0      | [NULL] | 0           |
 1      | 0      | 1           |
 1      | 1      | [NULL]      |
 1      | [NULL] | 1           |
 [NULL] | 0      | [NULL]      |
 [NULL] | 1      | [NULL]      |
 [NULL] | [NULL] | [NULL]      |
--------+--------+-------------+