カテゴリ:

条件式関数

REGR_VALY

2番目の引数が NULLの場合、 NULL を返します。それ以外の場合は、最初の引数を返します。

REGR_VALY は NULL保存 関数であり、より一般的に使用される NVL は、 NULL置換関数であることに注意してください。

構文

REGR_VALY( <y> , <x> )

引数

y

DOUBLE 型に評価される式、または DOUBLE にキャストできる式です。

x

DOUBLE 型に評価される式、または DOUBLE にキャストできる式です。

重要

引数の順序に注意してください。yはxの前にあります。

戻り値

DOUBLE 型の値を返します。

基本的な例:

SELECT REGR_VALY(NULL, 10), REGR_VALY(1, NULL), REGR_VALY(1, 10);
+---------------------+--------------------+------------------+
| REGR_VALY(NULL, 10) | REGR_VALY(1, NULL) | REGR_VALY(1, 10) |
|---------------------+--------------------+------------------|
|                NULL |               NULL |                1 |
+---------------------+--------------------+------------------+

この例は前の例に似ていますが、規則では最初に Y 値を渡すことをより明確に示しています。これは、 REGR_VALX と REGR_VALYの違いも示しています。

CREATE TABLE xy (col_x DOUBLE, col_y DOUBLE);
INSERT INTO xy (col_x, col_y) VALUES
    (1.0, 2.0),
    (3.0, NULL),
    (NULL, 6.0);
SELECT col_y, col_x, REGR_VALX(col_y, col_x), REGR_VALY(col_y, col_x)
    FROM xy;
+-------+-------+-------------------------+-------------------------+
| COL_Y | COL_X | REGR_VALX(COL_Y, COL_X) | REGR_VALY(COL_Y, COL_X) |
|-------+-------+-------------------------+-------------------------|
|     2 |     1 |                       1 |                       2 |
|  NULL |     3 |                    NULL |                    NULL |
|     6 |  NULL |                    NULL |                    NULL |
+-------+-------+-------------------------+-------------------------+