カテゴリ:

データ生成関数

ZIPF

N 要素および特性指数 s のZipf分布整数を返します。

構文

ZIPF( <s> , <N> , <gen> )

使用上の注意

  • 単一の乱数を選択する計算コストは、引数 N で対数です。さらに重要なことに、メモリコストは N に対して線形です。このため、引数 N は包含範囲 [1, 16777215] に制限されています。

  • ジェネレーター は、関数のジェネレーター式を指定します。詳細については、 使用上の注意 をご参照ください。

SELECT zipf(1, 10, random()) FROM table(generator(rowCount => 10));

+-----------------------+
| ZIPF(1, 10, RANDOM()) |
|-----------------------|
|                     9 |
|                     7 |
|                     1 |
|                     8 |
|                     8 |
|                     2 |
|                     3 |
|                     8 |
|                     2 |
|                     5 |
+-----------------------+
SELECT zipf(1, 10, 1234) FROM table(generator(rowCount => 10));

+-------------------+
| ZIPF(1, 10, 1234) |
|-------------------|
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
|                 4 |
+-------------------+