関数の概要

Snowflakeは、 SQL:2003分析拡張機能の一部と同様に、 SQL:1999で定義されているほとんどの標準関数をサポートしています。

このトピックの内容:

スカラー関数

スカラー関数は、呼び出しごとに1つの値を返す関数です。ほとんどの場合、これは行ごとに1つの値を返すと考えることができます。これは、行のグループごとに1つの値を返す 集計関数 とは対照的です。

スカラー関数カテゴリの完全なリストについては、 スカラー関数 をご参照ください。

集計関数

Snowflakeは、行全体の値を操作するために集計関数をサポートして、合計、平均、カウント、最小/最大値、標準偏差、推定などの数学的計算、および非数学的な演算を実行します。

包括的なリストについては、 集計関数 をご参照ください。

ウィンドウ関数

ウィンドウ関数は、入力行のセット内の行のサブセットを操作できる 集計関数 です。

テーブル関数

Snowflakeは、Snowflakeの機能とサービスに関する情報を取得するために多くの テーブル関数 をサポートしています。

包括的な要約については、 システム定義のテーブル関数のリスト をご参照ください。

システム関数

システム機能の包括的なリストについては、 システム関数 をご参照ください。

ユーザー定義関数(UDFs)

Snowflakeが提供するシステム定義関数に加えて、ユーザーは関数を作成できます。Snowflakeは、次の UDFs のタイプをサポートしています。

外部関数

Snowflakeは、Snowflake外で保存および実行される 外部関数 もサポートしています。

最上部に戻る