カテゴリ:

アカウントとセッション DDL

ALTER SESSION

現在のセッションの動作を変更するパラメーターを設定します。

こちらもご参照ください:

SHOW PARAMETERS

構文

ALTER SESSION SET sessionParams

ALTER SESSION UNSET <param_name> [ , <param_name> , ... ]

条件:

sessionParams ::=
  ABORT_DETACHED_QUERY = TRUE | FALSE
  AUTOCOMMIT = TRUE | FALSE
  BINARY_INPUT_FORMAT = <string>
  BINARY_OUTPUT_FORMAT = <string>
  DATE_INPUT_FORMAT = <string>
  DATE_OUTPUT_FORMAT = <string>
  ERROR_ON_NONDETERMINISTIC_MERGE = TRUE | FALSE
  ERROR_ON_NONDETERMINISTIC_UPDATE = TRUE | FALSE
  JSON_INDENT = <num>
  LOCK_TIMEOUT = <num>
  QUERY_TAG = <string>
  ROWS_PER_RESULTSET = <num>
  SIMULATED_DATA_SHARING_CONSUMER = <string>
  STATEMENT_TIMEOUT_IN_SECONDS = <num>
  STRICT_JSON_OUTPUT = TRUE | FALSE
  TIMESTAMP_DAY_IS_ALWAYS_24H = TRUE | FALSE
  TIMESTAMP_INPUT_FORMAT = <string>
  TIMESTAMP_LTZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
  TIMESTAMP_NTZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
  TIMESTAMP_OUTPUT_FORMAT = <string>
  TIMESTAMP_TYPE_MAPPING = <string>
  TIMESTAMP_TZ_OUTPUT_FORMAT = <string>
  TIMEZONE = <string>
  TIME_INPUT_FORMAT = <string>
  TIME_OUTPUT_FORMAT = <string>
  TRANSACTION_DEFAULT_ISOLATION_LEVEL = <string>
  TWO_DIGIT_CENTURY_START = <num>
  UNSUPPORTED_DDL_ACTION = <string>
  USE_CACHED_RESULT = TRUE | FALSE
  WEEK_OF_YEAR_POLICY = <num>
  WEEK_START = <num>

注釈

読みやすくするために、設定可能なセッションパラメーターの完全なリストはここには含まれていません。すべてのセッションパラメーターの完全なリストとその説明、およびアカウントとオブジェクトのパラメーターついては、 パラメーター をご参照ください。

パラメーター

SET ...

セッションに設定する1つ(または複数)のパラメーターを指定します(空白、コンマ、または改行で区切られます)。

セッションに設定できる各パラメーターの説明については、 パラメーター をご参照ください。

UNSET ...

セッションの設定を解除する1つ(または複数)のパラメーターを指定します。これにより、パラメーターがデフォルトにリセットされます。

単一の ALTER ステートメントで複数のパラメーターをリセットできます。ただし、各プロパティはカンマで区切る 必要があります 。プロパティをリセットするときは、名前のみを指定します。プロパティの値を指定すると、エラーが返されます。

使用上の注意

  • パラメーターが入力されます。サポートされているタイプは BOOLEAN、 NUMBER、および STRINGです。

  • セッションの現在のパラメーター値を表示するには、 SHOW PARAMETERS を使用します。

セッションで実行されるステートメントのロックタイムアウトを1時間(3600秒)に設定します。

ALTER SESSION SET LOCK_TIMEOUT = 3600;

セッションで実行されるステートメントのロックタイムアウトをデフォルトに戻します。

ALTER SESSION UNSET LOCK_TIMEOUT;