カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

DESCRIBE ROW ACCESS POLICY

作成日、名前、データ型、 SQL 式など、行アクセスポリシーについて説明します。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

このトピックの内容:

構文

DESC[RIBE] ROW ACCESS POLICY <name>;

パラメーター

名前

行アクセスポリシーの識別子。アカウントに対して一意である必要があります。

識別子の値はアルファベットで始まる必要があり、識別子文字列全体が二重引用符で囲まれていない限り、スペースや特殊文字を含めることはできません(例: "My object")。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

使用上の注意

  • このコマンドには、行アクセスポリシーが存在するスキーマに対する OWNERSHIP 権限が必要です。親データベースとスキーマに対して USAGE 権限を持つロールでは不十分であり、エラーメッセージが表示されます。詳細については、 行アクセスポリシーのトラブルシューティング をご参照ください。

次の例では、行アクセスポリシーについて説明します。

DESC ROW ACCESS POLICY rap_table_employee_info;

+-------------------------+-------------+-------------+------+
| name                    |  signature  | return_type | body |
+-------------------------+-------------+-------------+------+
| RAP_TABLE_EMPLOYEE_INFO | (V VARCHAR) | BOOLEAN     | true |
+-------------------------+-------------+-------------+------+