カテゴリ:

アカウントとセッション DDL

DESCRIBE TRANSACTION

開始時刻と状態(実行中、コミット済み、ロールバック済み)など、 トランザクション について説明します。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

CURRENT_TRANSACTIONLAST_TRANSACTIONBEGINCOMMITROLLBACKSHOW TRANSACTIONS

構文

DESC[RIBE] TRANSACTION <transaction_id>

パラメーター

transaction_id

説明するトランザクションの識別子を指定します。

transaction_id は、セッション変数ではなく、リテラルである必要があります。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

出力

コマンド出力では、次の列にトランザクションのプロパティとメタデータが提供されます。

| id | user | session name | started on | state | ended_on |

説明

id

トランザクションの一意の識別子。

user

トランザクションを実行したユーザーのユーザーID。

session name

トランザクションが実行されたユーザーセッションのID。

started_on

トランザクションが作成された日時。

state

トランザクションの完了ステータス。例えば、コミット済み、ロールバック済み、またはまだ実行中です。

ended_on

トランザクションが終了した日時。

DESC TRANSACTION 1651535571261000000;
最上部に戻る