カテゴリ:

データパイプライン DDL

DROP TASK

現在の/指定されたスキーマからタスクを削除します。

こちらもご参照ください:

CREATE TASKSHOW TASKS

構文

DROP TASK [ IF EXISTS ] <name>

パラメーター

名前

ドロップするタスクの識別子を指定します。識別子にスペース、特殊文字、または大文字と小文字が混在する場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます(例: "My Object")。

タスク識別子が完全修飾されていない場合( データベース名.スキーマ名.タスク名 または スキーマ名.タスク名 の形式)、コマンドはセッションの現在のスキーマで次のタスクを探します。

使用上の注意

  • タスクが削除されると、タスクの現在の実行(つまり、 TASK_HISTORY 出力での EXECUTING 状態の実行)が完了します。指定されたタスクの実行を中止するには、 SYSTEM$USER_TASK_CANCEL_ONGOING_EXECUTIONS 関数を実行します。

  • スタンドアロンタスクは、ドロップする前に一時停止する必要があります。

  • タスクツリーのルートタスクは、ツリー内の 任意の タスクがドロップされる前に一時停止する必要があります。

  • タスクのツリー内の先行タスクがドロップされると、このタスクを先行タスクとして識別した元の子タスクすべては、他のタスクが元の子タスクを先行タスクとして識別するかどうかに応じて、スタンドアロンタスクまたはルートタスクになります。これらの元の子タスクはデフォルトで一時停止されており、手動で再開する必要があります。

タスクをドロップします。

SHOW TASKS LIKE 't2%';


DROP TASK t2;


SHOW TASKS LIKE 't2%';

タスクを再度ドロップしますが、タスクが存在しない場合はエラーを発生させません。

DROP TASK IF EXISTS t2;