カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL

SHOW SESSION POLICIES

作成日、データベースとスキーマの名前、所有者、利用可能なコメントなど、セッションポリシー情報をリストします。

セッションポリシー管理 もご参照ください。

構文

SHOW SESSION POLICIES;

使用上の注意

  • このコマンドには、コマンドを実行するロールに次が必要です。

    • セッションポリシーの OWNERSHIP 権限 または SESSION POLICY 権限のAPPLY。

    • スキーマに対する USAGE 権限。

  • このコマンドの実行には、稼働中のウェアハウスを必要としません。

  • LIMIT の値は 10000 を超えることはできません。 LIMIT が省略され、結果セットが10K行より大きい場合、コマンドはエラーになります。

    10Kを超えるレコードが存在する結果を表示するには、 LIMIT を含めるか、 情報スキーマ の対応するビューをクエリします。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

show session policies;

----------------------------------+-----------------------+---------------+-------------+----------------+--------------+--------------------------------------------------+
         created_on               | name                  | database_name | schema_name |      kind      |  owner       |   comment                                        |
----------------------------------+-----------------------+---------------+-------------+----------------+--------------+--------------------------------------------------+
  Mon, 11 Jan 2021 00:00:00 -0700 | session_policy_prod_1 | MY_DB         | MY_SCHEMA   | SESSION_POLICY | POLICY_ADMIN | session policy for use in the prod_1 environment |
----------------------------------+-----------------------+---------------+-------------+----------------+--------------+--------------------------------------------------+