カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL

UNDROP TAG

タグの最新バージョンをシステムに復元します。

こちらもご参照ください。

CREATE TAGALTER TAGDROP TAGSHOW TAGS

構文

UNDROP TAG <name>

パラメーター

名前

タグの識別子。

識別子の値はアルファベットで始まる必要があり、識別子文字列全体が二重引用符で囲まれていない限り、スペースや特殊文字を含めることはできません(例: "My object")。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

使用上の注意

  • タグの復元は、テーブル名が完全修飾されている場合でも、現在のスキーマまたは現在のデータベースでのみサポートされます。

  • DROP TAG コマンドの実行時にタグが1つ以上のオブジェクトに割り当てられていた場合、 UNDROP コマンドはタグの割り当てをオブジェクトに復元します。

  • 同じ名前のタグが既に存在する場合は、エラーが返されます。

  • UNDROP は、Snowflake Time Travel の機能に依存しています。オブジェクトが データ保持期間 内で削除された場合にのみ、オブジェクトを復元できます。デフォルト値は24時間です。

次の例では、 cost_center という名前のタグの最新バージョンを復元します。

undrop tag cost_center;