カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL (ロール)

USE ROLE

セッションのアクティブ/現在のプライマリロールを指定します。現在アクティブなプライマリロールは、現在のユーザーが CREATE <オブジェクト> ステートメントを実行するために必要な権限を持っているかどうか、または他の SQL アクションを実行するために必要な権限を持っているかどうかを決定するコンテキストを設定します。

SQL アクションを実行する認証は、オブジェクトの作成を 除いて、セカンダリロールによって提供できます。

詳細については、 Snowflakeのアクセス制御 をご参照ください。

こちらもご参照ください。

USE SECONDARY ROLESCREATE ROLEALTER ROLEDROP ROLESHOW ROLES

構文

USE ROLE <name>

パラメーター

name

セッションに使用するロールの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • ロールを使用するには、ロールがユーザーに付与されている必要があります。

  • ユーザーセッションで一度にアクティブにできるのは、単一のプライマリロール1つのみです。

    セカンダリロール を使用すると、付与された他のロールの権限を組み合わせて SQL アクションを実行できることに注意してください。

  • USE コマンドを使用して、Snowsightワークシートのセッションコンテキストを変更することはできません。ユーザーセッションの現在のロールを選択(または変更)するには、Snowsightの右上隅にあるセッションコンテキストドロップダウンをクリックし、必要なロールを選択します。

最上部に戻る