カテゴリ:

DDL コマンド

USE <object>

現在のセッションに使用するロール、ウェアハウス、データベース、またはスキーマを指定します。

  • セッションのロールは、セッションで実行されるクエリおよびその他の SQL ステートメントでアクセスできるオブジェクトを決定します。

  • セッションでクエリの実行やデータのロード/アンロードを含む他の DML ステートメントを実行するには、ウェアハウスが 必要 です。

  • データベースまたはスキーマがセッションに指定されていない場合、クエリで参照されるオブジェクトおよびセッションで実行される他の SQL ステートメントは、オブジェクトのデータベースおよびスキーマ(名前空間 とも呼ばれる)で完全修飾する必要があります。

構文

USE ROLE <name>

USE WAREHOUSE <name>

USE [ DATABASE ] <name>

USE [ SCHEMA ] [<db_name>.]<name>

特定の構文、使用上の注意、および例については、以下をご参照ください。

一般的な使用上の注意

  • セッションの現在のロール、データベース、スキーマ、ウェアハウスを表示するには、対応するコンテキスト関数を使用します。例:

    SELECT CURRENT_ROLE(), CURRENT_WAREHOUSE(), CURRENT_DATABASE(), CURRENT_SCHEMA();
    
    +----------------+---------------------+--------------------+------------------+
    | CURRENT_ROLE() | CURRENT_WAREHOUSE() | CURRENT_DATABASE() | CURRENT_SCHEMA() |
    |----------------+---------------------+--------------------+------------------|
    | SYSADMIN       | MYWH                | MYTESTDB           | PUBLIC           |
    +----------------+---------------------+--------------------+------------------+
    

    詳細については、 コンテキスト関数 をご参照ください。

ウェアハウスを使用する:

USE WAREHOUSE mywarehouse;

指定されたスキーマの完全修飾名を持つスキーマを使用します。

USE mytestdb.testschema;

指定されたスキーマの完全修飾名なしでスキーマを使用します(スキーマがセッションで既に使用されているとするには、データベースが必要です)。

USE testschema;