ビジネス継続性と災害復旧の概要

Snowflakeは、ビジネス継続性と災害復旧のために、異なる 地域 の複数のアカウントにデータベースをフェールオーバーできるようにします。異なるクラウドプラットフォームでホストされているアカウント間でのフェールオーバーがサポートされています。

このトピックの内容:

データベースのフェールオーバー/フェールバックの仕組み

特定の地域のクラウドサービスを中断する大規模な停止(ネットワークの問題、ソフトウェアのバグなど)が発生した場合、停止の原因が解決され、サービスが復元されるまでSnowflakeへのアクセスは利用できません。

このようなシナリオで継続的な可用性とデータの耐久性を確保するために、特定の地域のデータベースを別の地域の別のSnowflakeアカウント(組織が所有)に複製できます。このオプションを使用すると、他の地域の複数のデータベースを回復し、最初の地域で障害が発生してSnowflakeの可用性が完全または部分的に失われた後もデータの処理を続行できます。

フェールオーバーの開始には、プライマリデータベースとして機能するために、使用可能な領域でセカンダリ(つまり、レプリカ)データベースを昇格させることが含まれます。昇格されると、プライマリデータベースが書き込み可能になります。同時に、前のプライマリデータベースはセカンダリの読み取り専用データベースになります。

ビジネス継続性と災害復旧の流れ

  1. 次の図は、同じ組織内の異なる地域(Region ARegion B)の2つのアカウントを示しています。1つのアカウントで、ローカルデータベースがプライマリデータベースとして機能するように昇格されました。プライマリデータベース(つまり、セカンダリデータベース)のレプリカを保存できるように、他のアカウントの複製が有効になっています。

    Initial state of database replication
  2. 次の図は、 Region B のアカウントで作成されたセカンダリデータベースを示しています。緑色の矢印は、プライマリデータベースからセカンダリデータベースに進行中のデータ更新操作を示しています。

    Data replication operation in progress
  3. 次の図は、フェールオーバーシナリオを示しています。プライマリデータベースを含むアカウントが存在する Region A でサービスが停止しました。セカンダリデータベース( Region B 内)がプライマリデータベースとして機能するように昇格されました。同時に、以前のプライマリデータベースは、セカンダリの読み取り専用データベースになりました。

    Database failover

    データベースをフェールオーバーする手順については、 複数のアカウントにまたがるデータベースのフェールオーバー をご参照ください。

  4. 次の図は、 Region A のサービス停止が解決されたことを示しています。プライマリデータベース( Region B 内)からセカンダリデータベース( Region A 内)へのデータベース更新操作が進行中です。

    Database failover
  5. 最後の図は、初期構成に戻された操作(フェールバック)を示しています。セカンダリデータベース( Region A 内)は、通常のビジネスオペレーションのプライマリデータベースとして再び機能するように昇格されました。同時に、以前のプライマリデータベース( Region B 内)は、セカンダリの読み取り専用データベースになりました。

    Database failover