アカウントへの接続

このトピックでは、組織内のSnowflakeアカウントに接続するために使用する URL および アカウント識別子 の形式を提供します。

このトピックの内容:

Snowflakeウェブインターフェイスへの接続

SnowflakeウェブインターフェイスであるSnowsightで、ブラウザーを使用してアカウントに接続する方法の詳細については、 Snowsight へのサインイン をご参照ください。

URL での接続

Snowflakeは、ブラウザーなしでSnowflakeアカウントに接続する場合に複数の URL 形式をサポートします。たとえば、IDプロバイダーは直接 URL を使用してSnowflakeと通信する場合があります。

  • アカウント名 の形式では、アカウントの名前とその 組織 を使用してアカウントを識別します。組織とアカウントの名前を見つけるには、 組織およびそのアカウントの名前の表示 をご参照ください。

  • クライアントリダイレクト 機能を使用する場合は、アカウント名を接続の名前に置き換える 接続名 形式が必要です。接続の名前を見つけるには、 SHOW CONNECTIONS コマンドを実行します。

  • レガシ アカウントロケーター 形式は現在サポートされていますが、その使用は推奨されていません。

標準アカウント URLs

次のようなSnowflakeアカウント URL が必要な場合のほとんどで、標準の URL 形式を使用できます。

  • SSO 接続(Oktaを除く

  • SCIM ベース URL (Oktaを除く

  • OAuth サードパーティIDプロバイダーとの接続(Oktaを除く

  • Snowflake認証サーバーの OAuth ベース URL

標準 URL の形式は次のとおりです。

  • アカウント名: https://<組織名>-<アカウント名>.snowflakecomputing.com

  • 接続名: https://<組織名>-<接続名>.snowflakecomputing.com

  • アカウントロケーター(レガシ): https://<アカウントロケーター>.<リージョン>.<クラウド>.snowflakecomputing.com

プライベート接続 URLs

プライベート接続 (例: AWS PrivateLink)を使用し Snowflakeに接続する場合は、文字列 privatelink をSnowflakeアカウント URL の アカウント識別子 に追加する必要があります。

  • アカウント名: https://<組織名>-<アカウント名>.privatelink.snowflakecomputing.com

  • 接続名: https://<組織名>-<接続名>.privatelink.snowflakecomputing.com

  • アカウントロケーター(レガシー): https://<アカウントロケーター>.<リージョン>.privatelink.snowflakecomputing.com

プライベート接続を使用するには、 DNS の記録を更新してプライベート接続 URL を含める必要があります。詳細については、次をご参照ください。

Okta URLs

SSO、 SCIM、または OAuth にOktaを使用するときにアンダースコアがアカウント名に含まれている場合は、特別なアカウント名形式を使用する必要があります。Okta は URLs のアンダースコアをサポートしていないため、アカウント名のアンダースコアをハイフンに変換する必要があります。

  • アカウント名: https://<組織名>-<アカウント名>.snowflakecomputing.com

  • 接続名:標準 URL を使用する

  • アカウントロケーター(レガシ): 標準 URL を使用する

クライアント、コネクタ、およびドライバーでの接続

クライアント、コネクタ、およびドライバーは、さまざまな構文を使用してSnowflakeに接続します。通常、次の例外を除いて、組織名(orgname)とアカウント名(account_name)を含むバリエーションを使用する必要があります。

  • クライアントリダイレクト 機能を使用する場合は、アカウントの名前(account_name)を接続の名前(connection_name)に置き換えます。この構文の例については、 接続 URL の使用 をご参照ください。

  • 現在、アカウント名形式を使用したSnowflakeサービスへのプライベート接続は、サポートされていません。回避策として、 privatelink をアカウントロケーターの構文に追加します。プライベート接続を使用するときにSnowflakeへの接続に使用する値を確認するには、Snowflakeアカウントで SYSTEM$GET_PRIVATELINK_CONFIG 関数を呼び出します。

SnowSQL
  • アカウント名: snowsql -a <組織名>-<アカウント名>

  • アカウントロケーター: snowsql -a <アカウントロケーター>

JDBC
  • アカウント名: jdbc:snowflake://<組織名>-<アカウント名>.snowflakecomputing.com/?<接続パラメーター>

  • アカウントロケーター: jdbc:snowflake://<アカウントロケーター>.snowflakecomputing.com/?<接続パラメーター>

ODBC
  • アカウント名:

    • サーバー: <組織名>-<アカウント名>.snowflakecomputing.com

  • アカウントロケーター:

    • サーバー: <アカウントロケーター>.snowflakecomputing.com

Python
  • アカウント名:

    • ACCOUNT パラメーター値を <組織名>-<アカウント名> として設定します。

  • アカウントロケーター:

    • ACCOUNT パラメーター値を <アカウントロケーター>.<リージョンID>.<クラウド> として設定します。

.Net
  • アカウント名:

    • ACCOUNT パラメーター値を <組織名>-<アカウント名> として設定します。

    • HOST パラメーター値をデフォルト(.snowflakecomputing.com)として設定します。

  • アカウントロケーター:

    • ACCOUNT パラメーター値を <アカウントロケーター> として設定します。

    • HOST パラメーター値をデフォルトの .snowflakecomputing.com として設定します。Snowflakeアカウントが us-west リージョンにない場合に指定します。

Go言語
  • アカウント名: db, err := sql.Open("snowflake", "jsmith:mypassword@<組織名>-<アカウント名>/mydb/testschema?warehouse=mywh")

  • アカウントロケーター: sql.Open("snowflake", "jsmith:mypassword@<アカウントロケーター>/mydb/testschema?warehouse=mywh")

node.js
  • アカウント名: ACCOUNT パラメーター値を <組織名>-<アカウント名> として設定します。

  • アカウントロケーター: ACCOUNT パラメーター値を <アカウントロケーター>.<リージョンID>.<クラウド> として設定します。

Spark(コネクタ)
  • アカウント名: JDBC と同一

  • アカウントロケーター: JDBC と同一

Spark(Databricks)
  • アカウント名: <Snowflakeアカウントのアカウント URL>

  • アカウントロケーター: <Snowflakeアカウントのアカウントロケーター URL>

Spark(Qubole)
  • アカウント名: Host Address フィールドの値を <組織名>-<アカウント名>.snowflakecomputing.com として設定します。

  • アカウントロケーター: Host Address フィールドの値を <アカウントロケーター>.snowflakecomputing.com として設定します。

PHP
  • アカウント名:

    • ACCOUNT パラメーター値を <組織名>-<アカウント名> として設定します。

    • すべてのリージョンで REGION パラメーター値を空白のままにします。

  • アカウントロケーター:

    • ACCOUNT パラメーター値を <アカウントロケーター> として設定します。

    • Snowflakeアカウントが us-west リージョンに ない 場合は、 REGION パラメータ値を設定します。

SQLAchemy
  • アカウント名: snowflake://<ユーザーログイン名>:<パスワード>@<組織名>-<アカウント名>

  • アカウントロケーター: snowflake://<ユーザーログイン名>:<パスワード>@<アカウントロケーター>.<リージョンID>.<クラウド>

下位互換性

アカウント識別子またはアカウント URL でのレガシアカウントロケーターの使用は引き続きサポートされていますが、推奨されていません。

最上部に戻る