アカウント識別子

Snowflakeは、Snowflakeアカウントの2つの異なる一意の識別子の いずれか を認識します。組織内の名前 または アカウントが配置されている地理的地域でSnowflakeが割り当てた ロケーター を使用してアカウントを識別します。

このトピックの内容:

オプション1: 組織内のアカウント名

組織 は、ビジネスエンティティが所有するアカウントをリンクする、ファーストクラスのSnowflakeオブジェクトです。 組織 機能を使用すると、組織管理者(つまり、ORGADMINロールを持つユーザー)は、さまざまな地域やクラウドプラットフォームですべてのアカウントを表示、作成、および管理できます。

組織の アカウント識別子 の構造は次のとおりです。

組織名-アカウント名

区切り文字は、一部のコンテキストではピリオド(.)またはアンダースコア(_)です。組織名とアカウント名をサポートするクライアントまたは機能の説明にある区切り文字を確認します。

条件:

組織名

Snowflake組織の名前。

アカウント名

組織内のアカウントの一意の名前。組織の管理者は、ビジネスニーズを満たすために、各アカウントに適切な名前を選択できます。

組織とアカウント名を見つける

組織とアカウント名を確認するには、Snowflake管理者にご連絡ください。

オプション2: 地域のアカウントロケーター

各Snowflakeアカウントは、地理的な 地域クラウドプラットフォーム でホストされています。地域は、アカウントのデータが保存される場所と、アカウントで使用されるコンピューティングリソースがプロビジョニングされる場所を決定します。

地域の アカウント識別子 の構造は次のとおりです。

アカウントロケーター

条件:

アカウントロケーター

アカウントロケーターは、アカウントの作成時にSnowflakeによってアカウントに割り当てられる一意の識別子です。アカウントロケーターは変更できません。

Snowflakeに接続するときにアカウントを識別するために、次の表は 追加の セグメントが必要な場合を示し、 地域

アカウントがホストされている クラウドプラットフォーム を識別します。

地域別のアカウントロケーターの例

アカウント名が xy12345 の場合、

クラウドプラットフォーム/地域

完全なアカウント名

AWS

US 西部(オレゴン)

xy12345

US 東部(オハイオ)

xy12345.us-east-2.aws

US 東部(バージニア北部)

xy12345.us-east-1

US 東部(商業組織、バージニア政府北部)

xy12345.us-east-1-gov.aws

カナダ(中部)

xy12345.ca-central-1.aws

ヨーロッパ(ロンドン)

xy12345.eu-west-2.aws

EU (アイルランド)

xy12345.eu-west-1

EU (フランクフルト)

xy12345.eu-central-1

アジア太平洋(東京)

xy12345.ap-northeast-1.aws

アジア太平洋(ムンバイ)

xy12345.ap-south-1.aws

アジア太平洋(シンガポール)

xy12345.ap-southeast-1

アジア太平洋(シドニー)

xy12345.ap-southeast-2

GCP

US 中央部1(アイオワ)

xy12345.us-central1.gcp

ヨーロッパ西部2(ロンドン)

xy12345.europe-west2.gcp

ヨーロッパ西部4(オランダ)

xy12345.europe-west4.gcp

Azure

西 US 2(ワシントン)

xy12345.west-us-2.azure

東 US 2(バージニア)

xy12345.east-us-2.azure

US 政府バージニア

xy12345.us-gov-virginia.azure

カナダ中央部(トロント)

xy12345.canada-central.azure

西ヨーロッパ(オランダ)

xy12345.west-europe.azure

スイス北部(チューリッヒ)

xy12345.switzerland-north.azure

東南アジア(シンガポール)

xy12345.southeast-asia.azure

オーストラリア東部(ニューサウスウェールズ)

xy12345.australia-east.azure

重要

次のいずれかの条件に該当する場合、完全なアカウント名は、上記の例の構造とは異なります。

  • Snowflake Editionが VPS の場合、アカウント名の詳細については Snowflakeサポート にお問い合わせください。

  • アカウントで AWS PrivateLink またはAzure Private Linkが有効になっている場合、アカウント名には、地域セグメントの代わりに privatelink セグメントが 必要 です。詳細については、以下をご参照ください。

地域とアカウントロケーターを見つける

Snowflakeアカウントに接続できる場合は、SQL関数をクエリして、接続しているSnowflakeアカウントの地域とアカウントロケーターを特定できます。

  1. Snowflakeアカウントに接続します。

  2. CURRENT_REGION 関数をクエリして、アカウントが配置されている地域を取得します。

  3. CURRENT_ACCOUNT 関数をクエリして、アカウントロケーターを取得します。

Snowflakeに接続せずに地域とアカウントロケーターを確認するには、アカウントのSnowflake管理者にご連絡ください。