SCIM API リクエストの実行

Snowflake SCIM APIを使用するには、IDプロバイダーの SCIM クライアントを各 API リクエストで検証する必要があります。Snowflakeは、IDプロバイダー SCIM クライアントに、 API リクエストを行うのに十分な権限を持つロールを割り当てます。現在、Snowflakeはこれらの権限をサポートし、ベアラートークンにラップしています。ベアラートークンは、各 API リクエストの認証ヘッダーで渡す必要があります。

ヘッダーパラメーター

各 SCIM API リクエストには、リクエストヘッダーに次のパラメーターを含める必要があります。

パラメーター

Content-Type

String

application/scim+json; charset=utf-8

Authorization (必須)

String

<ベアラーアクセストークン>

Accept-Charset

String

UTF-8

Accept

String

application/scim+json

Snowflakeへの SCIM API リクエストの送信

ユーザーは、 SCIM API こちら からSnowflakeの代表的な例にアクセスできます。

Postmanで実行 をクリックして、 API リクエストを行うことにより、PostmanコレクションをマシンのローカルPostmanアプリケーションに統合できます。

Postmanを代表的な例として使用し、次の手順に従って SCIM API リクエストをSnowflakeに送信します。

  1. メソッドを定義し、リクエスト URL を入力してください。URL は次の形式を取ります。

    https://<account-identifier>.snowflakecomputing.com/scim/v2/
    

注釈

アカウント識別子 ページで指定されたサポートされている URL 形式で、 URL の末尾に /scim/v2/ が追加されている場合は、 SCIM API リクエストの実行に使用できます。

URL を正確に識別するには、 SYSTEM$WHITELIST 関数を実行するか、プライベート接続を使用してSnowflakeに接続する場合は、 SYSTEM$WHITELIST_PRIVATELINK 関数を実行します。

  1. Params タブでパラメーターを入力および確認して、認証ヘッダーに正しいキーと値のペアが含まれていることを確認します。

  2. Body タブに必要な JSON 文字列が含まれていることを確認してください。

  3. 送信 をクリックします。