sfsqlとSnowSQLの違い

SnowSQL (snowsql)は、より直感的なオプションとコマンド名を含む、 sfsql コマンドラインインターフェイスよりも多くの改善と強化を提供します。このトピックでは、2つのコマンドラインクライアントの使用方法の違いを示します。

このトピックの内容:

コマンドラインオプション

SnowSQL のコマンドラインオプションの多くは、 sfsql の対応するオプションと下位互換性があります。ただし、次の表で説明するように、重要な違いがあります。

オプション

sfsql

SnowSQL(snowsql

アカウント識別子

-a

-a--accountname

ユーザー名

-u

-u--username

パスワード

-c

なし(SNOWSQL_PWD環境変数を使用)

パスワードの入力を求める

N/A

-P

データベース

-d

-d--dbname

スキーマ

-s

-s--schemaname

ウェアハウス

-w

-w--warehouse

ロール

-r

-r--rolename

ホスト名

-g

-h--host

ポート番号

-p

-p--port

MFAパスコード

-m

-m--mfa-passcode

パスワードのMFAパスコード

-n

--mfa-passcode-in-password

SQLの実行計画を作成する

-e (サポートされていない)

N/A

ドット形式でSQLの実行計画を作成する

-x (サポートされていない)

N/A

SQLファイルを実行する

-f

-f--filename

エラーで停止する

N/A

-o stop_on_error=true

エラーで終了する

-k

-o exit_on_error=true

認証方式

-b

--authenticator

ユーザー定義の接続を使用する

N/A

-c--connection

トレースレベル

-t

-o log_level=(INFO|DEBUG)

CLIバージョンを表示する

N/A

-v--version

指定された構成を使用する

N/A

--config

オプションを設定する

N/A

-o--option

変数を設定する

N/A

-D--variable

ヘルプ

-h

-?--help

コマンド

コマンドの場合、重要な違いは、SnowSQL のすべてのコマンドの前に感嘆符(例: !exit)を付ける必要があることです。さらに、一部のコマンドの名前が変更されました。

コマンド

sfsql

SnowSQL(snowsql

SQLファイルをロードして実行する

load@

!source!load

メッセージを印刷する

echo

!print

オプションを設定する

N/A

!set

すべてのオプションを表示する

N/A

!options

変数を設定する

set-var

!define

変数を設定解除する

unset-var

N/A

すべての変数を表示する

N/A

!variables

接続して新しいセッションを開始する

connect

!connect

現在のセッションを終了する

N/A

!exit!disconnect!quit も参照)

出力をファイルにスプールする

spool

!spool

CLIを終了する

exitquit

!quit

システムコマンドを実行する

system

!system

ヘルプ

help

!help

特殊文字

次の文字には、2つのクライアントで特別な意味があります。

使用法

sfsql

SnowSQL(snowsql

変数名のプレフィックス

$

&&

コードでコメントをオフに設定する

#

-- および /* ... */