仮想ウェアハウス

単に「ウェアハウス」と呼ばれることの多い仮想ウェアハウスは、Snowflakeの計算リソースのクラスターです。ウェアハウスは、Snowflakeセッションで次の操作を実行するために、 CPU、メモリ、一時ストレージなどの必要なリソースを提供します:

  • 計算リソースを必要とする SQL SELECT ステートメントの実行(例えば、テーブルやビューからの行の取得など)。

  • 次のような DML 操作の実行:

注釈

これらの操作を実行するには、ウェアハウスが実行され、セッションで使用されている必要があります。ウェアハウスの稼働中、Snowflakeクレジットを消費します。

次のトピック: