カテゴリ:

変換関数 , 日付と時刻の関数

TO_TIME , TIME

入力式を時刻に変換します。入力が NULLの場合、 NULLを返します。

こちらもご参照ください:

TRY_TO_TIME

構文

TO_TIME( <string_expr> [, <format> ] )
TO_TIME( <timestamp_expr> )
TO_TIME( '<integer>' )
TO_TIME( <variant_expr> )

TIME( <string_expr> )
TIME( <timestamp_expr> )
TIME( '<integer>' )
TIME( <variant_expr> )

引数

必須:

文字列式 または タイムスタンプ式 または バリアント式 または 統合

時刻に変換される式です。

  • 文字列式 の場合、文字列を時刻に変換した結果です。

  • タイムスタンプ式 の場合、入力値の時間部分です。

  • 整数 を含む文字列の場合、値は午前0時からの秒数として扱われます。値が86400(1日の秒数)以上の場合、計算はモジュラス86400で実行されます。例えば、86401は午前0時の1秒後です。

  • バリアント式 の場合:

    • バリアントに TIME 形式の文字列(「HH:MI:SS」)が含まれている場合、文字列変換が実行されます。

    • バリアントに INTEGER 形式の文字列が含まれている場合、文字列変換が実行され、値は午前0時からの秒数として扱われます(必要に応じてモジュラス86400)。

    • バリアントに JSON null 値が含まれる場合、出力は NULLです。

他のすべての値については、変換エラーが生成されます。

オプション:

形式

Snowflakeが形式の解釈を指定する 文字列式 または AUTOの時刻形式指定子です。

デフォルト: TIME_INPUT_FORMAT セッションパラメーターの現在の値です(通常AUTO)

詳細については、 変換関数日付と時刻の形式 をご参照ください。

戻り値

返される値のデータ型は TIME です。

Usage Notes

  • Unlike the TO_TIME function, the TIME function does not support the optional format parameter.

これらの例は、 TO_TIME 関数を示しています。

SELECT TO_TIME('13:30:00'), TIME('13:30:00');
+---------------------+------------------+
| TO_TIME('13:30:00') | TIME('13:30:00') |
|---------------------+------------------|
| 13:30:00            | 13:30:00         |
+---------------------+------------------+
SELECT TO_TIME('13:30:00.000'), TIME('13:30:00.000');
+-------------------------+----------------------+
| TO_TIME('13:30:00.000') | TIME('13:30:00.000') |
|-------------------------+----------------------|
| 13:30:00                | 13:30:00             |
+-------------------------+----------------------+

次の例は、 TO_TIME 関数を使用して、デフォルトのコロン以外のフィールド区切り文字を処理する方法を示しています(この例では、時間と分、および分と秒の間の区切り文字としてピリオド文字を使用しています)。

SELECT TO_TIME('11.15.00', 'HH24.MI.SS');
+-----------------------------------+
| TO_TIME('11.15.00', 'HH24.MI.SS') |
|-----------------------------------|
| 11:15:00                          |
+-----------------------------------+