オブジェクト識別子

識別子は、テーブル列を含む、ファーストクラスのSnowflake「名前付き」オブジェクトを識別するために使用される文字列(最長256文字)です。

  • 識別子はオブジェクトの作成時に指定され、クエリと DDL/DML ステートメントで参照されます。

  • 識別子はエイリアスとしてクエリで定義することもできます(例: SELECT a+b AS "the sum";)。

多くの場合、単にオブジェクトの 名前 と呼ばれるオブジェクト識別子は、オブジェクトタイプと「親」オブジェクトのコンテキスト内で一意である必要があります。

アカウント

アカウントオブジェクト(ユーザー、ロール、ウェアハウス、データベースなど)の識別子は、アカウント全体で一意である必要があります。

データベース

スキーマの識別子は、データベース内で一意である必要があります。データベース全体で同じ識別子を持つスキーマを解決できるようにするために、Snowflakeは次の形式でスキーマ識別子の完全修飾をサポートしています。

<database_name>.<schema_name>

スキーマ

スキーマオブジェクト(テーブル、ビュー、ファイル形式、ステージなど)の識別子は、スキーマ内で一意である必要があります。異なるデータベース/スキーマで同じ識別子を持つオブジェクトを解決できるようにするために、Snowflakeは次の形式でオブジェクト識別子の完全修飾をサポートしています。

<database_name>.<schema_name>.<object_name>

テーブル

列の識別子は、テーブル内で一意である必要があります。

注釈

UDFs ストアドプロシージャはスキーマオブジェクトです。ただし、Snowflakeは、同じスキーマ内で同じ識別子を持つ UDFs/ストアドプロシージャをサポートします(「オーバーロード」とも呼ばれます)。詳細については、以下をご参照ください:

次のトピック: