Snowflakeのメタデータフィールド

メタデータフィールドに含まれるデータは、Snowflake Region外で処理される場合があります。Snowflakeサービスを使用する場合、個人データ(ユーザーオブジェクト以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制対象データがメタデータフィールドに入力されないようにするのはお客様の責任です。

最も一般的なメタデータフィールドは次のとおりです。

  • ポリシー、外部関数、ビュー定義などのオブジェクト定義。

  • オブジェクト名やオブジェクトコメントなどのオブジェクトプロパティ。

注意

Snowflakeサービス内では通常、メタデータフィールドに特定のオブジェクトの CREATE <オブジェクト> および ALTER <オブジェクト> ステートメントが入力されます。これらのコマンドを使用するときは、個人データ(ユーザーオブジェクト以外)、機密データ、輸出規制データ、またはその他の規制対象データがメタデータフィールドに入力されていないことを確認してください。

次の表に、Snowflakeサービスのメタデータフィールドの可能性があるリストを示します。メタデータは、 利用規約、またはSnowflakeサービスの使用を対象とした、お客様とSnowflakeとの間におけるその他の契約で定義されている「使用状況データ」です。

Snowflakeは、新しい機能やサービスが追加されるたびに、このテーブルを定期的に更新します。Snowflakeがデータを追跡する方法や、実際のクエリテキストの機密情報について質問がある場合は、 Snowflakeサポート にお問い合わせください。

カテゴリ

メタデータフィールド

参考文献

オブジェクト定義

外部関数

外部関数の記述

ポリシー

マスキングポリシー . ネットワークポリシー . 行アクセスポリシー . セッションポリシー

ユーザー定義関数

ユーザー定義関数(UDFs)の記述

オブジェクトプロパティ

列名

データベース、テーブル、およびビュー - 概要

コメント

指定のオブジェクト(例: CREATE TABLE、ALTER VIEW)に対する特定の CREATE および ALTER コマンドをご参照ください。

タグ値

オブジェクトのタグ付け

オブジェクト型

アカウント(管理アカウントを含む)

Snowflakeアカウントの管理

接続

クライアント接続のリダイレクト

データベース

データベース、テーブル、ビュー

外部関数

外部関数の記述

外部テーブル

外部テーブル

フェールオーバーグループ

アカウント複製およびフェールオーバー

内部ステージのファイル名

COPYを使用した一括ロード . Snowflakeステージへのアンロード

統合(すべてのタイプ)

API: 外部関数の紹介

通知: 現在の 機能リスト をご参照ください。

セキュリティ: フェデレーション認証OAuth (Snowflakeおよび外部)、および SCIM

ストレージ: データのロードSnowpipe、および データのアンロード

組織

Snowflake組織の管理

パイプ

Snowpipeの紹介

ポリシー

マスキングポリシー . ネットワークポリシー . 行アクセスポリシー . セッションポリシー

手順

ストアドプロシージャの記述

複製グループ

アカウント複製およびフェールオーバー

リソースモニター

リソースモニターの操作

ロール

アクセス制御の概要

スキーマ

データベース、テーブル、ビュー

共有

Snowflakeでのデータの安全な共有

ステージ(内部および外部)

COPYを使用した一括ロード . Snowflakeステージへのアンロード

ストリーム

テーブルストリームを使用した変更追跡

テーブル(外部テーブルを含む)

Snowflakeテーブル構造について . 仮テーブルと一時テーブルの使用 . 外部テーブルの使用

タグ

オブジェクトのタグ付け

タスク

タスクの紹介

ユーザー

アクセス制御の概要

ユーザー定義関数

ユーザー定義関数(UDFs)の記述

ビュー(マテリアライズドビューを含む)

データベース、テーブル、ビュー

ウェアハウス

仮想ウェアハウス

その他のメタデータ

クエリリテラル

クエリ . QUERY_HISTORY ビュー

内部ステージにあるファイルのスキーマ

最上部に戻る