Snowflakeのメタデータフィールド

メタデータフィールドに含まれるデータは、Snowflake Region外で処理される場合があります。Snowflakeサービスを使用する場合、個人データ(ユーザーオブジェクト以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制対象データがメタデータフィールドに入力されないようにするのはお客様の責任です。

最も一般的なメタデータフィールドは次のとおりです。

  • ポリシー、外部関数、ビュー定義などのオブジェクト定義。

  • オブジェクト名やオブジェクトコメントなどのオブジェクトプロパティ。

注意

Snowflakeサービス内では通常、メタデータフィールドに特定のオブジェクトの CREATE <オブジェクト> および ALTER <オブジェクト> ステートメントが入力されます。これらのコマンドを使用するときは、個人データ(ユーザーオブジェクト以外)、機密データ、輸出規制データ、またはその他の規制対象データがメタデータフィールドに入力されていないことを確認してください。

次の表に、Snowflakeサービスのメタデータフィールドの可能性があるリストを示します。メタデータは、 利用規約、またはSnowflakeサービスの使用を対象とした、お客様とSnowflakeとの間におけるその他の契約で定義されている「使用状況データ」です。

Snowflakeは、新しい機能やサービスが追加されるたびに、このテーブルを定期的に更新します。Snowflakeがデータを追跡する方法や、実際のクエリテキストの機密情報について質問がある場合は、 Snowflakeサポート にお問い合わせください。

カテゴリ

メタデータフィールド

参考文献

オブジェクト定義

  • 外部関数

  • ユーザー定義関数

  • ポリシー(マスキング、ネットワーク、行アクセス)

オブジェクトプロパティ

  • 列名

  • コメント

  • タグ値

オブジェクト型

  • 組織

  • アカウント(管理アカウントを含む)

  • API 統合

  • ウェアハウス

  • リソースモニター

  • ロール

  • ユーザー

  • データベース

  • スキーマ

  • テーブル(外部テーブルを含む)

  • ビュー(マテリアライズドビューを含む)

  • ポリシー(マスキング、ネットワーク、行アクセス)

  • 外部関数

  • 外部テーブル

  • 内部ステージのファイル名

  • パイプ

  • 手順

  • 共有

  • ステージ(内部および外部)

  • ストリーム

  • タグ

  • タスク

  • ユーザー定義関数

その他のメタデータ

  • クエリリテラル

  • 内部ステージにあるファイルのスキーマ