スキーマ:

ACCOUNT_USAGEREADER_ACCOUNT_USAGE

QUERY_HISTORY ビュー

このAccount Usageビューを使用して、過去365日間(1年間)以内のさまざまなディメンション(時間範囲、セッション、ユーザー、ウェアハウスなど)によりSnowflakeクエリ履歴をクエリできます。

ビューは ACCOUNT_USAGE と READER_ACCOUNT_USAGE の両方のスキーマで使用できますが、次の違いがあります。

  • 次の列は、リーダーアカウントビュー のみ で利用できます。

    • READER_ACCOUNT_NAME

  • 次の列は、リーダーアカウントビューでは提供 されません

    • QUERY_ACCELERATION_BYTES_SCANNED

    • QUERY_ACCELERATION_PARTITIONS_SCANNED

    • QUERY_ACCELERATION_UPPER_LIMIT_SCALE_FACTOR

こちらもご参照ください。

QUERY_HISTORY , QUERY_HISTORY_BY_* (情報スキーマ表関数)

列名

データ型

説明

READER_ACCOUNT_NAME

TEXT

SQL ステートメントが実行されたリーダーアカウントの名前。

QUERY_ID

TEXT

SQL ステートメントの内部/システム生成識別子。

QUERY_TEXT

TEXT

SQL ステートメントのテキスト。制限は10万文字です。10万文字を超える SQL ステートメントは切り捨てられます。

DATABASE_ID

NUMBER

使用されていたデータベースの内部/システム生成識別子。

DATABASE_NAME

TEXT

コンパイル時にクエリのコンテキストで指定されたデータベース。

SCHEMA_ID

NUMBER

使用されていたスキーマの内部/システム生成識別子。

SCHEMA_NAME

TEXT

コンパイル時にクエリのコンテキストで指定されたスキーマ。

QUERY_TYPE

TEXT

DML、クエリなど。クエリに失敗した場合、クエリ型は UNKNOWN になります。

SESSION_ID

NUMBER

ステートメントを実行したセッション。

USER_NAME

TEXT

クエリを発行したユーザー。

ROLE_NAME

TEXT

クエリの時点でセッションでアクティブだったロール。

WAREHOUSE_ID

NUMBER

使用されていたウェアハウスの内部/システム生成識別子。

WAREHOUSE_NAME

TEXT

クエリが実行されたウェアハウス(ある場合)。

WAREHOUSE_SIZE

TEXT

このステートメントが実行されたときのウェアハウスのサイズ。

WAREHOUSE_TYPE

TEXT

このステートメントが実行されたときのウェアハウスのタイプ。

CLUSTER_NUMBER

NUMBER

このステートメントが実行されたクラスター(マルチクラスターウェアハウス内)。

QUERY_TAG

TEXT

QUERY_TAG セッションパラメーターを介してこのステートメントに設定されたクエリタグ。

EXECUTION_STATUS

TEXT

クエリの実行ステータス。有効な値: successfailincident

ERROR_CODE

NUMBER

クエリがエラーを返した場合のエラーコード

ERROR_MESSAGE

TEXT

クエリがエラーを返した場合のエラーメッセージ

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ステートメントの開始時間(ローカルタイムゾーン)

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ステートメントの終了時間(ローカルタイムゾーン)

TOTAL_ELAPSED_TIME

NUMBER

経過時間(ミリ秒単位)。

BYTES_SCANNED

NUMBER

このステートメントによってスキャンされたバイト数。

PERCENTAGE_SCANNED_FROM_CACHE

FLOAT

ローカルディスクキャッシュからスキャンされたデータの割合。値は0.0〜1.0の範囲です。真のパーセントを得るために、100を掛けます。

BYTES_WRITTEN

NUMBER

書き込まれたバイト数(例:テーブルへのロード時)。

BYTES_WRITTEN_TO_RESULT

NUMBER

結果オブジェクトに書き込まれるバイト数。たとえば、 select * from . . . は、選択範囲の各フィールドを表す表形式の結果のセットを生成します。 . . 一般に、結果オブジェクトはクエリの結果として生成されたものを表し、 BYTES_WRITTEN_TO_RESULT は返された結果のサイズを表します。

BYTES_READ_FROM_RESULT

NUMBER

結果オブジェクトから読み取ったバイト数。

ROWS_PRODUCED

NUMBER

このステートメントによって生成された行の数。

ROWS_INSERTED

NUMBER

クエリによって挿入された行の数。

ROWS_UPDATED

NUMBER

クエリによって更新された行の数。

ROWS_DELETED

NUMBER

クエリによって削除された行の数。

ROWS_UNLOADED

NUMBER

データのエクスポート中にアンロードされた行の数。

BYTES_DELETED

NUMBER

クエリによって削除されたバイト数。

PARTITIONS_SCANNED

NUMBER

スキャンされたマイクロパーティションの数。

PARTITIONS_TOTAL

NUMBER

このクエリに含まれるすべてのテーブルのマイクロパーティション合計。

BYTES_SPILLED_TO_LOCAL_STORAGE

NUMBER

ローカルディスクにスピルしたデータの量。

BYTES_SPILLED_TO_REMOTE_STORAGE

NUMBER

リモートディスクにスピルしたデータの量。

BYTES_SENT_OVER_THE_NETWORK

NUMBER

ネットワーク経由で送信されたデータの量。

COMPILATION_TIME

NUMBER

コンパイル時間(ミリ秒単位)

EXECUTION_TIME

NUMBER

実行時間(ミリ秒単位)

QUEUED_PROVISIONING_TIME

NUMBER

ウェアハウスの作成、再開、またはサイズ変更のために、ウェアハウスコンピューティングリソースでのプロビジョニングを待機する、ウェアハウスキューで費やされた時間(ミリ秒単位)。

QUEUED_REPAIR_TIME

NUMBER

ウェアハウス内のコンピューティングリソースの修復を待機する、ウェアハウスキュー内で費やされた時間(ミリ秒単位)。

QUEUED_OVERLOAD_TIME

NUMBER

ウェアハウスが現在のクエリワークロードによって過負荷になっているために、ウェアハウスキューで費やされた時間(ミリ秒)。

TRANSACTION_BLOCKED_TIME

NUMBER

同時 DMLによってブロックされた時間(ミリ秒)。

OUTBOUND_DATA_TRANSFER_CLOUD

TEXT

データを別の地域やクラウドにアンロードするステートメントのターゲットクラウドプロバイダー。

OUTBOUND_DATA_TRANSFER_REGION

TEXT

データを別のリージョンやクラウドにアンロードするステートメントのターゲットリージョン。

OUTBOUND_DATA_TRANSFER_BYTES

NUMBER

別の地域やクラウドにデータをアンロードするステートメントで転送されたバイト数。

INBOUND_DATA_TRANSFER_CLOUD

TEXT

別の地域やクラウドからデータをロードするステートメントのソースクラウドプロバイダー。

INBOUND_DATA_TRANSFER_REGION

TEXT

別の地域やクラウドからデータをロードするステートメントのソース地域。

INBOUND_DATA_TRANSFER_BYTES

NUMBER

別の地域やクラウドからデータをロードするステートメントで転送されたバイト数。

LIST_EXTERNAL_FILES_TIME

NUMBER

外部ファイルのリストに費やされた時間(ミリ秒単位)。

CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES

NUMBER

クラウドサービスのために使用されたクレジットの数。

RELEASE_VERSION

TEXT

major_release.minor_release.patch_release の形式のリリースバージョン。

EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_INVOCATIONS

NUMBER

このクエリがリモートサービスを呼び出した回数の合計。重要な詳細については、使用上の注意をご参照ください。

EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_SENT_ROWS

NUMBER

このクエリが、すべてのリモートサービスに対してすべての呼び出しで送信した行の総数。

EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_RECEIVED_ROWS

NUMBER

このクエリが、すべてのリモートサービスに対してすべての呼び出しから受信した行の総数。

EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_SENT_BYTES

NUMBER

このクエリが、すべてのリモートサービスに対してすべての呼び出しで送信したバイトの総数。

EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_RECEIVED_BYTES

NUMBER

このクエリが、すべてのリモートサービスに対してすべての呼び出しから受信したバイトの総数。

QUERY_LOAD_PERCENT

NUMBER

このクエリ実行に対するウェアハウス内のアクティブなコンピューティングリソースのおおよその割合。

IS_CLIENT_GENERATED_STATEMENT

BOOLEAN

クエリがクライアントによって生成されたかどうかを示します。

QUERY_ACCELERATION_BYTES_SCANNED

NUMBER

Query Acceleration Service によってスキャンされたバイト数。

QUERY_ACCELERATION_PARTITIONS_SCANNED

NUMBER

Query Acceleration Serviceによってスキャンされたパーティションの数。

QUERY_ACCELERATION_UPPER_LIMIT_SCALE_FACTOR

NUMBER

クエリが受けたであろうメリット の上限 スケールファクター

TRANSACTION_ID

NUMBER

ステートメントを含む トランザクションの ID。ステートメントがトランザクション内で実行されない場合は0。

CHILD_QUERIES_WAIT_TIME

NUMBER

メモ化可能な関数 を呼び出すときに、キャッシュされたルックアップが完了するまでの時間(ミリ秒単位)。

ROLE_TYPE

VARCHAR

ROLE または DATABASE_ROLE がクエリを実行したかどうかを指定します。

QUERY_HASH

TEXT

正規化された SQL テキストに基づいて計算された ハッシュ値1

QUERY_HASH_VERSION

NUMBER

QUERY_HASH を計算するために使用される ロジックのバージョン1

QUERY_PARAMETERIZED_HASH

TEXT

パラメーター化されたクエリに基づいて計算された ハッシュ値1

QUERY_PARAMETERIZED_HASH_VERSION

NUMBER

QUERY_PARAMETERIZED_HASH を計算するために使用される ロジックのバージョン1

1(1,2,3,4)

この列は、 2023_06動作変更バンドルが有効になっている 場合にのみ表示されます。この列は、 クエリハッシュ 機能の一部です。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大45分です。

  • 列 EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_INVOCATIONS、 EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_SENT_ROWS、 EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_RECEIVED_ROWS、 EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_SENT_BYTES、および EXTERNAL_FUNCTION_TOTAL_RECEIVED_BYTES の値は、多くの要因の影響を受けます。要因には次のようなものがあります。

    • SQL ステートメント内の外部関数の数。

    • 各リモートサービスに送信されたバッチあたりの行数。

    • 一時エラーによる再試行の数(例: 予期した時間内に応答の受信がなかったため)。