DDL コマンド

データ定義言語(DDL)コマンドは、ユーザー、仮想ウェアハウス、データベース、スキーマ、テーブル、ビュー、列、関数、ストアドプロシージャなど、Snowflakeのオブジェクトを作成、操作、変更するために使用されます。

また、パラメーターの設定、変数の初期化、トランザクションの開始など、多くのアカウントレベルおよびセッション操作を実行するためにも使用されます。

次のコマンドは、すべての DDL コマンドのベースとして機能します。

各コマンドはオブジェクトタイプと識別子を取ります。コマンドに指定できる残りのパラメーターとオプションはオブジェクト固有です。

次のトピック: