カテゴリ:

ユーザーとセキュリティ DDL (サードパーティのサービス統合)

DESCRIBE INTEGRATION

統合のプロパティについて説明します。

DESCRIBE は DESCに短縮できます。

こちらもご参照ください。

CREATE INTEGRATIONDROP INTEGRATIONALTER INTEGRATIONSHOW INTEGRATIONS

API 統合

ALTER API INTEGRATIONCREATE API INTEGRATION

通知の統合

ALTER NOTIFICATION INTEGRATIONCREATE NOTIFICATION INTEGRATION

セキュリティの統合

ALTER SECURITY INTEGRATIONCREATE SECURITY INTEGRATION

ストレージの統合

ALTER STORAGE INTEGRATIONCREATE STORAGE INTEGRATION

構文

DESC[RIBE] [ { API | NOTIFICATION | SECURITY | STORAGE } ] INTEGRATION <name>

パラメーター

name

記述する統合の識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するために、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

  • 統合が API 統合の場合、出力には API_KEY 列が含まれます。 APIキー が入力された場合、 API_KEY はマスクされた値を表示します。(これは、元の暗号化されていないキーまたは暗号化されたバージョンのキーのいずれも表示しません。)

  • セキュリティ統合で TYPE プロパティが OAUTH に設定されている場合(つまり、Snowflake OAuth)、Snowflakeは、クエリ結果に CREATE SECURITY INTEGRATION または ALTER SECURITY INTEGRATION コマンドでは設定できない2つの追加のセキュリティ統合プロパティを返します。

    OAUTH_ALLOWED_AUTHORIZATION_ENDPOINTS

    Snowflakeから認証コードを受信するためのクライアントアプリケーション用としてサポートされている、すべてのエンドポイントのリスト。

    OAUTH_ALLOWED_TOKEN_ENDPOINTS

    アクセストークンの認証コードを交換するため、または更新トークンを取得するためのクライアントアプリケーション用としてサポートされている、すべてのエンドポイントのリスト。

通知統合を作成します。

CREATE NOTIFICATION INTEGRATION myint ( ... );

統合の列を説明します。

DESC INTEGRATION myint;
最上部に戻る