カテゴリ:

データベース、スキーマ、共有 DDL

DESCRIBE SCHEMA

スキーマを説明します。たとえば、スキーマ内のテーブルとビューをリストします。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

ALTER SCHEMACREATE SCHEMADROP SCHEMASHOW SCHEMASUNDROP SCHEMA

SCHEMATA ビュー (情報スキーマ)

構文

DESC[RIBE] SCHEMA <schema_name>

パラメーター

schema_name

説明するスキーマの 識別子 を指定します。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

これは DESCRIBESCHEMA コマンドを示しています。

CREATE SCHEMA sample_schema_2;
USE SCHEMA sample_schema_2;

CREATE TABLE sample_table_1 (i INTEGER);

CREATE VIEW sample_view_1 AS
    SELECT i FROM sample_table_1;

CREATE MATERIALIZED VIEW sample_mview_1 AS
    SELECT i FROM sample_table_1 WHERE i < 100;

DESCRIBE SCHEMA sample_schema_2;

+-------------------------------+----------------+-------------------+
| created_on                    | name           | kind              |
|-------------------------------+----------------+-------------------|
| 2022-06-23 01:00:00.000 -0700 | SAMPLE_TABLE_1 | TABLE             |
| 2022-06-23 02:00:00.000 -0700 | SAMPLE_VIEW_1  | VIEW              |
| 2022-06-23 03:00:00.000 -0700 | SAMPLE_MVIEW_1 | MATERIALIZED_VIEW |
+-------------------------------+----------------+-------------------+
最上部に戻る