カテゴリ:

データベース、スキーマ、共有 DDL

USE DATABASE

セッションのアクティブ/現在のデータベースを指定します。

データベースおよびスキーマ(名前空間とも呼ばれる)がユーザーセッションに指定されていない場合、システムで実行される SQL ステートメントまたはクエリ内のすべてのオブジェクト参照は、( データベースID.スキーマID.オブジェクトID の型式で)完全修飾する必要があります。ユーザーセッションのデータベースとスキーマを指定すると、 SQL ステートメントとクエリで非修飾オブジェクト名を使用できます。

完全修飾オブジェクト名の詳細については、 オブジェクト名の解決 をご参照ください。

こちらもご参照ください:

CREATE DATABASESHOW DATABASES

構文

USE [ DATABASE ] <name>

パラメーター

名前

セッションに使用するデータベースの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • DATABASE キーワードを指定する必要はありません。

  • USE DATABASE PUBLIC スキーマが存在しない場合(例えば、ドロップされていない場合)を除き、 PUBLIC を現在のスキーマとして自動的に指定します。セッションに別のスキーマを指定するには、 USE SCHEMA コマンドを使用します。

USE DATABASE mydb;