ウェブインターフェイスでのアカウントレベルのクレジットとストレージ使用状況の表示

必要な管理者権限がある場合は、Snowflakeのウェブインターフェイスを使用して、アカウントが使用するウェアハウスクレジット数、クラウドサービスクレジット数、データストレージ量に関する詳細を、月単位および日単位で表示できます。

注釈

ウェブインターフェイスで請求および使用状況の情報にアクセスできるのは、アカウント管理者(つまり、 ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)またはグローバル MONITOR USAGE 権限を持つロールのみです。

アカウントの使用情報は、次のいずれかの場所に表示されます。

新しいウェブインターフェイス

Account » Usage をクリックします。

注釈

Usage ページは、 Account Usageビュー (SNOWFLAKE 共有データベース内)にクエリを実行して、現在の使用状況データを取得します。ウェアハウスを選択して、クエリのコンピューティングリソースを提供します。この目的には、 XS (極小)のウェアハウスを選択することをお勧めします。

従来のウェブインターフェイス

Account Account tab » Billing & Usage をクリックします

このトピックの内容:

使用情報を表示するためのタイムゾーンの設定(従来のウェブインターフェイスのみ)

デフォルトでは、 Billing & Usage タブにはローカルタイムゾーンの使用情報が表示されます。対照的に、毎月の請求明細書と 情報スキーマ および アカウントの使用 のビュー/機能では、 UTC タイムゾーンに基づいて使用状況情報が表示されます。

すべての請求料金と使用情報は UTC タイムゾーンに基づいているため、 Billing & Usage タブを表示するときに、タブにあるドロップダウンを使用して UTC タイムゾーンに切り替えることができます。

仮想ウェアハウスのクレジット使用状況の表示

新しいウェブインターフェイス

Account » Usage をクリックします。

従来のウェブインターフェイス

Account Account tab » Billing & Usage » Credits Billed をクリックします。

タブには、特定の月に使用された(したがって、消費されたクレジット)すべてのウェアハウスのクレジット使用状況が表示されます。

この表示では、次が可能です。

  • クレジット使用状況を表示する期間を選択。

  • ウェアハウスの名前をクリックして、選択したウェアハウスのクレジット使用状況を表示します。選択したウェアハウスの選択を解除するには、もう一度クリックします。

  • ウェアハウスが選択されていない状態でその月の日付をクリックし、選択された日に対してウェアハウスごとにクレジット使用状況の内訳を表示します。

クラウドサービスのクレジット使用状況の表示

クラウドサービスのクレジット使用状況の表示は、仮想ウェアハウスのクレジット使用状況の表示に似ています。 仮想ウェアハウスのクレジット使用状況の表示 (このトピック内)をご参照ください。

注釈

クエリがクラウドサービスのみを消費し、顧客がプロビジョニングした仮想ウェアハウス(つまり、 credits_used_compute ではなくcredits_used_cloud_services)のコンピューティングリソースを消費しない場合、クレジットは CLOUD_SERVICES_ONLY とラベル付けされたウェアハウスの下のウェブ UI にキャプチャされます。ほとんどのクエリは仮想ウェアハウス(コンピューティング)とクラウドサービスを使用するため、この数は非常に小さい可能性があります。

クエリがクラウドサービスとコンピューティングリソースの両方(つまり、 credits_used_cloud_services + credits_used_compute)を消費すると、クレジットは顧客がプロビジョニングした仮想ウェアハウスのウェブ UI にキャプチャされます。

ストレージ使用状況の表示

新しいウェブインターフェイス

Account » Usage をクリックします。

従来のウェブインターフェイス

Account Account tab » Billing & Usage » Average Storage Used をクリックします。

タブには、次を含む、アカウントのすべてのSnowflakeデータベースがその月に使用したストレージの合計量(バイト単位)が表示されます。

  • データベーステーブル内のデータのストレージ(Time Travelの目的で維持される削除/変更されたデータを含む)。

  • 内部ステージにあるデータファイル用のストレージ(Snowflakeでデータのロード/アンロードに使用)。

  • Fail-safeで維持される履歴データのストレージ。

1か月の平均合計ストレージおよび1日の合計ストレージを表示できます。

この表示では、次が可能です。

  • ストレージ使用状況を表示する月(およびタイムゾーン)を選択します。

  • 上部のフィルターをクリックして、ストレージのタイプ別にストレージ使用状況を表示します。

ストレージユニット(MB、 GB、 TBなど)は、保存されているデータの量に応じて動的に変化します。