コンピューティングコストについて

コンピューティングコストは、次のために使用される クレジット を表しています。

  • 仮想ウェアハウスコンピューティング --- 仮想ウェアハウスは、クエリの実行、データのロード、その他の DML 操作の実行時にクレジットを消費します。仮想ウェアハウスは、ユーザーによってこれらのリソースのクレジット消費を直接制御できるため、 ユーザー管理 と見なされます。

  • サーバーレスコンピューティング --- 従来の仮想ウェアハウスではなく、Snowflakeによって管理されるコンピューティングリソース。

  • クラウドサービスコンピューティング --- クラウドサービスは、ユーザーリクエスト、ログイン、クエリ表示などを処理するために、Snowflakeのさまざまなコンポーネントすべてを結び付けるサービスを実行する、Snowflakeアーキテクチャのレイヤーです。クラウドサービスのコンピューティングリソースは、Snowflakeによって管理されます。

このトピックの内容:

仮想ウェアハウスのクレジット使用状況

仮想ウェアハウスは、クエリの実行、データのロード、その他の DML 操作の実行を可能にするコンピューティングリソースの1つ以上のクラスターです。 Snowflakeクレジット は、各仮想ウェアハウスで使用される処理時間の支払いに使用されます。

Snowflakeクレジットは、使用する仮想ウェアハウスの数、実行時間、およびサイズに基づいて請求されます。

ウェアハウスにはさまざまなサイズがあります。このテーブルで、サイズは、ウェアハウスで使用可能なクラスターごとにコンピューティングリソースを指定します。次に大きなウェアハウスにサイズが大きくなるたびに、ウェアハウス実行のコンピューティング能力と満1時間あたりに請求されるクレジットの数が約2倍になります。

仮想ウェアハウスのタイプ

XS

S

M

L

XL

2XL

3XL

4XL

5XL

6XL

標準

1

2

4

8

16

32

64

128

256

512

Snowpark用に最適化

なし

なし

6

12

24

48

96

192

384

768

重要

ウェアハウスは、実行している間のクレジット使用状況のみが請求されます。ウェアハウスを一時停止すると、クレジットは使用されません。

上記で表示されるクレジットの数は、1時間の使用量です。ただし、クレジットは最低60秒(つまり、1分)で、秒ごとに請求されます。

  • ウェアハウスが 開始される再開される たびに、上記の時間料金に基づいて1分間の使用量に対する請求がなされます。

  • ウェアハウスが サイズ変更される たびに、ウェアハウスには1分間相当の使用量が請求されます。ただし、請求されるクレジットの数は、プロビジョニングされた 追加の コンピューティングリソースに対してのみです。たとえば、S(2クレジット/時間)からM(4クレジット/時間)にサイズを変更すると、追加2クレジットの1分間に相当する請求が発生します。

  • 1分後、ウェアハウスが継続的に実行されている限り、以降のすべての請求は1秒ごとになります。

  • 最初の1分以内にウェアハウスを一時停止して再開すると、 複数の 料金が発生します。これは、ウェアハウスが再開されるたびに1分間の最低時間が開始されるためです。

  • ウェアハウスのサイズを5XLまたは6XLから4XL(またはそれ以下)に変更すると、古いリソースが休止している間、新しいコンピューティングリソースと古いリソースの両方の料金がウェアハウスに請求される期間が短くなります。

一般的なウェアハウスの詳細については、 ウェアハウスの概要ウェアハウスに関する考慮事項 をご参照ください。

仮想ウェアハウスで消費したコンピューティングリソースのコスト履歴を表示する方法については、 コンピューティングコストの調査 をご参照ください。

サーバーレスのクレジット使用状況

サーバーレスのクレジット使用状況は、ユーザー管理の仮想ウェアハウスではなく、Snowflakeによって提供されるコンピューティングリソースに依存する機能の結果です。これらのコンピューティングリソースは、各ワークロードの必要に応じて、Snowflakeによって自動的にサイズ変更、およびスケールアップまたはスケールダウンされます。

通常、継続的な操作および/またはメンテナンス操作を必要とするこれらのサーバーレス機能の場合、このモデルはより効率的であり、Snowflakeはリソースの使用に費やした時間に基づいて請求できるようになります。対照的に、ユーザーが管理する仮想ウェアハウスは、作業を実行しているかどうかに関係なく、実行中にクレジットが消費され、過剰に使用される場合やアイドル状態になる場合があります。

サーバーレス機能の料金は、 コンピューティング時間 単位で測定されたSnowflake管理のコンピューティングリソースの合計使用状況に基づいて計算されます。コンピューティング時間は秒単位で計算され、端数は最も近い秒に丸められます。コンピューティング時間あたりに消費されるクレジット数は、サーバーレス機能によって異なります。サーバーレス機能により消費されたクレジット量を知る方法については、 Snowflakeサービス利用テーブル の「サーバーレス機能クレジットテーブル」をご参照ください。

サーバーレス機能の使用に対する料金は、個別の行項目として請求書に表示されます。Snowflake管理のコンピューティングリソースとクラウドサービスの料金の両方が、サーバーレス機能の単一行項目として表示されます。

サーバーレス機能

機能

必要なコンピューティング

追加情報

自動クラスタリング

必要に応じた初期クラスタリングおよび再クラスタリングを含む、各クラスター化テーブルの自動バックグラウンドメンテナンス。

自動クラスタリングのコスト

外部テーブル

外部ステージと外部パスにある関連ファイルの最新セットで、外部テーブルのメタデータを自動更新。

外部テーブルのコスト

マテリアライズドビュー

ビューのためのベーステーブルに変更がある各マテリアライズドビューの自動化されたバックグラウンド同期。

マテリアライズドビューのコスト

Query Accelerationサービス 1

対象となるクエリの一部の実行。

Query Accelerationサービスのコスト

複製

必要に応じた初期の複製と保守を含む、アカウント間でのデータの自動コピー。

データベースの複製のコスト

複製グループのコスト

検索最適化サービス

検索最適化サービスで使用される、検索アクセスパスの自動バックグラウンドメンテナンス。

検索最適化サービスのコスト

Snowpipe

各パイプオブジェクトのファイルロード要求の自動処理。

Snowpipeのコスト

タスク

SQL コードの実行。

タスクのコスト

1

Query Accelerationサービス は、 Enterprise Edition (または、それ以上)のすべてのアカウントでプレビューできます。

仮想ウェアハウスのコンピューティングリソース使用のコスト履歴を表示する方法については、 コンピューティングコストの調査 をご参照ください。

クラウドサービスのクレジット使用状況

Snowflakeアーキテクチャのクラウドサービスレイヤーは、Snowflake全体のアクティビティを調整するサービスのコレクションです。このレイヤーは、ユーザーの認証、セキュリティの強化、クエリのコンパイルと最適化の実行、リクエストクエリのキャッシュの処理などを行います。クラウドサービスは、仮想ウェアハウスの使用をサポートするなど、Snowflakeのさまざまなコンポーネントをすべて結び付けます。

クラウドサービスレイヤーは、ステートレスコンピューティングリソースで構成され、複数の可用性ゾーンで実行され、グローバルな状態管理のために高可用性の分散メタデータストアを使用します。クラウドサービスレイヤーは、クラウドプロバイダーからSnowflakeによってプロビジョニングされた、コンピューティングインスタンスで実行されます。

仮想ウェアハウスの使用と同様に、 Snowflakeクレジット は、クラウドサービスの使用に対する支払いに使用されます。

クラウドサービスの使用に対する請求について

クラウドサービスの使用量は、クラウドサービスの日次消費量が仮想ウェアハウスの日次使用量の10%を超えた場合にのみ請求されます。料金は毎日計算されます(UTC タイムゾーン)。これにより、その日のクレジット価格で、毎日10%の調整が正確に適用されます。

次の点に注意してください。

  • サーバーレスコンピューティングでは、クラウドサービスの10%の調整は考慮されません。

  • クラウドサービスの10%調整は、日次(UTC タイムゾーンで)のウェアハウス使用状況に10%を掛けて毎日計算されます。

  • 月次使用状況ステートメントの調整は、これらの日次計算の合計に等しくなります。

  • 特定の日におけるクラウドサービスの消費が、ウェアハウスコンピューティングクレジットの10%未満の場合、その日の調整はアカウントにより使用されたクラウドサービスと同じになります。毎日の調整が、当日のクラウドサービスの実使用状況を超えることはありません。したがって、毎月の合計調整額は10%を大幅に下回る場合があります。

例:

日付

使用されたコンピューティングクレジット(ウェアハウスのみ)

使用されたクラウドサービスのクレジット

クラウドサービスのクレジット調整(コンピューティングまたはクラウドサービスの10%の小さい方)

請求されたクレジット(コンピューティング、クラウドサービス、および調整の合計)

11月1日

100

20

-10

110

11月2日

120

10

-10

120

11月3日

80

5

-5

80

11月4日

100

13

-10

103

合計

400

48

-35

413

クラウドサービスリソース消費のコスト履歴を表示する方法については、 コンピューティングコストの調査 をご参照ください。

クレジットとは

Snowflakeクレジットは、Snowflakeのリソースの消費に対する支払いに使用されます。Snowflakeクレジットは測定単位であり、仮想ウェアハウスの実行中、クラウドサービスレイヤーの作業中、サーバーレス機能の使用時など、顧客がリソースを使用している場合にのみ消費されます。

次のトピック
最上部に戻る