データ転送のコストについて

データ転送は、データをSnowflakeにイン(イングレス)およびSnowflakeからアウト(エグレス)するプロセスです。

ユーザーが、Snowflakeアカウントから同じクラウドプラットフォームの別のリージョン、またはまったく異なるクラウドプラットフォームにデータを転送すると、Snowflakeはデータエグレスに対してバイト単位の料金を請求します。同じリージョン内でのデータ転送は無料です。

リージョン外にデータを転送するためのバイトあたりの単価は、Snowflakeアカウントがホストされている場所により異なります。データ転送の価格については、 価格ガイド をご参照ください。

注釈

Snowflakeは、 データイングレス 料金を請求 しません。しかし、クラウドストレージプロバイダーが、プロバイダーからSnowflakeアカウントにデータを転送するためのデータエグレス料金を請求する場合があります。

クラウドストレージプロバイダー(Amazon S3、Google Cloud Storage、またはMicrosoft Azure)に連絡して、プロバイダーのネットワークおよび発信元のリージョンからクラウドプロバイダーのネットワークとSnowflakeアカウントがホストされているリージョンにデータを転送する際に、データエグレス料金が適用されるかどうかを確認してください。

転送コストが発生するSnowflake機能

Snowflake機能により、Snowflakeアカウントから同じクラウドプラットフォームの別のリージョン、またはまったく異なるクラウドプラットフォームにデータを転送すると、転送料金が発生します。たとえば、次のアクションには、データ転送コストが発生します。

  • データのアンロード - SnowflakeからAmazon、Google Cloud Storage、またはMicrosoft Azureへのデータのアンロード。

    これには、通常、 COPY INTO <場所> を使用して、Snowflakeアカウントがホストされているリージョンとは異なるリージョン、またはクラウドプラットフォームのクラウドストレージにデータをアンロードすることが含まれます。さらに、通常、データのアンロードにはステージがあり、それに関連するコストがかかります。

  • データの複製 - データベースの複製。データベースのスナップショットをセカンダリデータベースに作成します。

    これには、通常、プライマリ(元の)Snowflakeアカウントがホストされているリージョンとは異なるリージョン、またはクラウドプラットフォームのSnowflakeアカウントにデータを複製することが含まれます。 複製の請求 もご参照ください。

  • 外部関数の記述 - Snowflakeアカウントから AWS、Microsoft Azure、またはGoogleパブリッククラウドにデータを転送するための外部関数の使用。 外部関数の請求 もご参照ください。

注釈

Snowflakeクライアントまたはドライバーが、同じクラウドプラットフォーム内のリージョン間または異なるクラウドプラットフォーム間でクエリ結果を取得する場合、Snowflakeはデータのエグレス料金を適用 しません

次のトピック

最上部に戻る