sfsqlの構成

注釈

sfsql は廃止されました。代わりに SnowSQL を使用してください。

このトピックでは、 sfsql を構成する方法について説明します。 sfsql インストーラーはダウンロードできなくなりました。

このトピックの内容:

前提条件

sfsql はSnowflake JDBC ドライバーを使用してSnowflakeに接続します。ドライバーは sfsql と一緒に自動的にインストールされるため、 sfsql をインストールする前にドライバーをダウンロードしてインストールする必要はありません。ただし、JDBC ドライバーには64ビットバージョンのJava 1.7(またはそれ以降)が必要です。

Javaの必要なバージョンが sfsql がインストールされるクライアントマシンにインストールされていない場合は、インストールする必要があります。詳細については、 JDBC ドライバーのJava要件 をご参照ください。

クライアントログインの構成

sfsql はクライアント接続とログインを構成するためのさまざまなパラメーターを提供します。 client/login.defaults ファイルを使用して、クライアントの起動時にコマンドラインでオーバーライドできるデフォルトの接続パラメーターを定義できます。

Snowflakeからクライアントをダウンロードすると、次のパラメーターが login.defaults で事前設定されます。

ACCOUNT=<account_name>
GSIP=<account_name>.snowflakecomputing.com
PORT=443

<account_name> はSnowflakeによってアカウントに割り当てられた名前です。

追加のデフォルトを設定するには、上記と同じ構造/形式を使用して、対応するパラメーターをファイルに追加します。ファイルに設定できるデフォルトの完全なリストについては、『sfsqlの開始と停止 』をご参照ください。