Snowflakeの管理

Snowsight, the Snowflake web interface の Admin area は、Snowflakeコマンドセンターです。 Admin area を使用して次を実行します。

  • Snowflakeの使用状況を理解する。

  • Snowflakeウェアハウスを管理する。

  • リソースモニターの詳細を設定して表示する。

  • ユーザーとロールを管理する。

  • 組織内のSnowflakeアカウントを管理する。

  • ネットワークポリシーを管理し、セッションアクティビティをモニターする。

  • 支払いと支払い方法を設定する。

  • プロバイダーとコンシューマーの利用規約を確認して同意する。

  • Snowflakeのセキュリティ、プライバシー、および製品の通知用に組織の連絡先を設定する。

  • Snowflakeパートナーに接続して、拡張機能を探索する。

このトピックでは、 Admin area を使用してSnowflakeエクスペリエンスを管理する方法について説明します。

このトピックの内容:

管理領域の使用

このセクションでは、 Snowsight の Admin area の使用方法の概要を提供します。

Admin 領域には次が含まれます。

使用法

Usage page では、クレジットまたは適切な通貨で、関連するサービスすべてでのSnowflakeの消費に関する詳細情報が提供されます。 Usage page は Admin area のデフォルトページです。

注釈

ACCOUNTADMIN ロールを持ち、そのロールが現在アクティブなユーザーのみが使用状況データを表示できます。他のユーザーには、関連するロールに切り替えるように指示するエラーメッセージが表示されます。

このセクションでは、 Usage page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

フィルターの使用法

ページの左上隅にあるフィルターを使用して、使用状況データをフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • 日付範囲

  • アカウント

  • ステージの型

    • 計算

    • ストレージ

    • データ転送

総使用量

ページの右上隅で、使用状況データを日(デフォルト)、時間、または月ごとに集計することを選択します。

Usage page にはウェアハウスが必要です。 Snowsight は、ユーザープロファイルにデフォルトのウェアハウスを使用します。 Usage page が表示されない場合、またはウェアハウスを切り替える場合は、ページの右上隅でウェアハウスを選択します。

ウェアハウス

Warehouses page を使用すると、Snowflakeウェアハウスを表示および管理できます。 Warehouses page では、ウェアハウスの詳細なテーブルが提供されます。

このセクションでは、 Warehouses page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ウェアハウスをフィルターする

ページの右上隅で、ウェアハウステーブルを検索してフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • Status

    • All (デフォルト)

    • Suspended

    • Started

    • Resuming

    • Resizing

    • Suspending

  • Size

    • All (デフォルト)

    • X-Small

    • Small

    • Medium

    • Large

    • X-Large

    • 6X-Large

ウェアハウスを作成する

ページの右上隅で、 Warehouse を選択してウェアハウスを作成します。

For assistive technology, the more button.

ウェアハウスメニュー

ウェアハウステーブルの各行には、対応するウェアハウスのアクションのメニューが含まれています。

ウェアハウスメニューでは、次を実行できます。

  • ウェアハウスを編集する。次のウェアハウスオプションを構成できます。

    • Name

    • Size

    • Comment

    • Multi-cluster Warehouse

    • Mode

    • Clusters

    • Auto Resume

    • Auto Suspend

    • Suspend After (min)

  • ウェアハウスを一時停止または再開する。

  • ウェアハウスをドロップする。

  • ウェアハウスの所有権を別のロールに譲渡する。

詳細については、Snowflakeが ウェアハウス に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

ウェアハウステーブルには、次の列が含まれています。

  • Name

  • Status

  • Size

  • Clusters

  • Running

  • Queued

  • Owner

  • Created

ウェアハウスに関する追加の詳細を表示するには、テーブルでウェアハウスを選択します。

ウェアハウスの詳細

ウェアハウステーブルでウェアハウスを選択すると、 warehouse details page が表示されます。

このセクションでは、 warehouse details page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

基本的な詳細

ウェアハウスに関する基本的な詳細は、ページの最上部にあります。詳細にカーソルを合わせると、追加情報が表示されます。

For assistive technology, the more button.

ウェアハウスの詳細メニュー

ページの右上隅にあるウェアハウスの詳細メニューでは、次を実行できます。

  • ウェアハウスを編集する。次のウェアハウスオプションを構成できます。

    • Name

    • Size

    • Comment

    • Multi-cluster Warehouse

    • Mode

    • Clusters

    • Auto Resume

    • Auto Suspend

    • Suspend After (min)

  • ウェアハウスを一時停止または再開する。

  • ウェアハウスをドロップする。

  • ウェアハウスの所有権を別のロールに譲渡する。

詳細については、Snowflakeが ウェアハウス に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

warehouse details page には、次のセクションが含まれます。

  • Warehouse Activity

  • Details

  • Privileges

ウェアハウスアクティビティ

Warehouse Activity セクションでは、一定期間のアクティビティのグラフが提供されます。

  • Hour

  • Day

  • Week

  • 2 Weeks (デフォルト)

詳細

Details セクションでは、次のようなウェアハウスに関する追加情報が提供されます。

  • ウェアハウスのステータス。

  • ウェアハウスのサイズ。

  • ウェアハウスが使用できるクラスターの最大数と最小数。

  • スケーリングポリシー。

  • 実行中のタスクとキューに入れられているタスクの数。

  • ウェアハウスが自動的に一時停止される前のアクティビティがない期間。

  • ウェアハウスが一時停止されている場合で、必要なときにウェアハウスを自動的に再開するかどうか。

  • ウェアハウスが最後に操作を再開した時。

権限

Privileges セクションを使用して、ウェアハウスの権限を表示、付与、および取り消します。

リソースモニター

Resource Monitors page を使用すると、リソースモニターを表示および管理できます。 Resource Monitors page では、リソースモニターの詳細なテーブルが提供されます。

リソースモニターを使用して、クレジットクォータの使用状況が特定のしきい値に達したときにトリガーされるアクションをスケジュールします。各リソースモニターのしきい値を指定します。

このセクションでは、 Resource Monitors page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

リソースモニターをフィルターする

ページの右上隅で、リソースモニターのテーブルを検索してフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • Level

    • All (デフォルト)

    • (Empty)

    • Account

    • Warehouse

  • Warehouses

    • All (デフォルト)

    • (Empty)

    • 特定のウェアハウス

  • Frequency

    • All (デフォルト)

    • Monthly

    • Daily

    • Weekly

    • Yearly

    • Never

リソースモニターを作成する

ページの右上隅で、 Resource Monitor を選択してウェアハウスを作成します。

For assistive technology, the more button.

リソースモニターメニュー

リソースモニターテーブルの各行には、対応するリソースモニターのアクションのメニューが含まれています。

リソースモニターメニューでは、次を実行できます。

  • リソースモニターを編集する。次のウェアハウスオプションを構成できます。

    • Name (表示のみ)

    • Credit Quota

    • Monitor Type

    • Schedule

    • Actions

  • リソースモニターをドロップする。

詳細については、Snowflakeが リソースモニター に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

リソースモニターテーブルには、次の列が含まれています。

  • Name

  • Quota Used

  • Level

  • Warehouses

  • Frequency

  • Start Time

リソースモニターに関する追加の詳細を表示するには、テーブルでリソースモニターを選択します。

リソースモニターの詳細

リソースモニターテーブルでリソースモニターを選択すると、リソースモニターの詳細ページが表示されます。

このセクションでは、リソースモニターの詳細ページのナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

基本的な詳細

リソースモニターに関する基本的な詳細は、ページの最上部にあります。

For assistive technology, the more button.

リソースモニターの詳細メニュー

ページの右上隅にあるリソースモニターの詳細メニューでは、次の操作を実行できます。

  • リソースモニターを編集する。次のリソースモニターオプションを構成できます。

    • Name (表示のみ)

    • Credit Quota

    • Monitor Type

    • Schedule

    • Actions

  • リソースモニターをドロップする。

詳細については、Snowflakeが ウェアハウス に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

リソースモニターの詳細ページには、次のセクションが含まれています。

  • Details

  • Privileges

詳細

Details セクションでは、リソースモニターに関する追加情報が提供されます。

  • 消費されたクォータのパーセンテージ。

  • リソースモニターが動作するレベル(ウェアハウスまたはアカウント)。

  • 使用済みクレジットと残りのクレジットを含むクレジットクォータ。

  • 操作の頻度。

  • リソースモニターが最後に開始された時。

  • リソースモニターが最後に終了した時。

  • 通知をトリガーするクォータ使用状況のしきい値。

  • しきい値に達したときに、ウェアハウスまたはアカウントによるクレジット使用状況を一時停止するかどうか。

権限

Privileges セクションを使用して、リソースモニターの権限を表示、付与、および取り消します。

ユーザーとロール

Snowsight の Users & Roles 領域には、次の2つのページが含まれています。

  • Users

  • Roles

このセクションでは、 Users & Roles 領域のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ユーザーとロールのページ

Users & Roles 領域の左上隅で、 Users ページ(デフォルト)または Roles ページを選択します。

ユーザー

Users page を使用すると、アカウントのSnowflakeユーザーを表示および管理できます。 Users page では、ユーザーの詳細なテーブルが提供されます。

このセクションでは、 Users page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ユーザーをフィルターする

ページの右上隅で、ユーザーテーブルを検索してフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • Owner

    • All (デフォルト)

    • (Empty)

    • ACCOUNTADMIN などの特定のロール。

  • Status

    • All (デフォルト)

    • (Empty)

    • Disabled

    • Enabled

    • Expired

    • Frozen

    • Locked

    • Temporary

ユーザーを作成する

ページの右上隅で、 User を選択してユーザーを作成します。

For assistive technology, the more button.

ユーザーメニュー

ユーザーテーブルの各行には、対応するユーザーのアクションのメニューが含まれています。

ユーザーメニューでは、次を実行できます。

  • ユーザーを編集する。次のユーザーオプションを構成できます。

    • User Name

    • Email

    • Comment

    • Login Name

    • Display Name

    • First Name

    • Last Name

    • Default Role

    • Default Warehouse

    • Default Namespace

  • ユーザーのパスワードをリセットする。

  • ユーザーを無効にする。

  • ユーザーをドロップする。

  • ユーザーにロールを付与する。

  • ユーザーからロールを取り消す。

詳細については、Snowflakeが ユーザーの管理 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

コメント

ユーザーからのコメントがある場合は、対応するユーザーの行にコメントアイコンが表示されます。コメントを表示するには、コメントアイコンにカーソルを合わせます。

ユーザーテーブルには、次の列が含まれています。

  • Name

  • Display Name

  • Status

  • Last Login

  • MFA (多要素認証)

  • Owner

ユーザーに関する追加の詳細を表示するには、テーブルでユーザーを選択します。

ユーザーの詳細

ユーザーテーブルでユーザーを選択すると、ユーザーの詳細ページが表示されます。

このセクションでは、ユーザーの詳細ページのナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ユーザーの詳細メニュー

ページの右上隅にあるユーザーの詳細メニューでは、次を実行できます。

  • ユーザーを編集する。次のユーザーオプションを構成できます。

    • User Name

    • Email

    • Comment

    • Login Name

    • Display Name

    • First Name

    • Last Name

    • Default Role

    • Default Warehouse

    • Default Namespace

  • ユーザーのパスワードをリセットする。

  • ユーザーを無効にする。

  • ユーザーをドロップする。

  • ユーザーにロールを付与する。

  • ユーザーからロールを取り消す。

詳細については、Snowflakeが ユーザーの管理 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

ユーザーの詳細ページには、次のセクションが含まれています。

  • About

  • Privileges

  • Granted Roles

概要

About セクションでは、次のようなユーザーに関する追加情報が提供されます。

  • ユーザーのログイン名。

  • ユーザーの表示名。

  • ユーザーの既定のロール、ウェアハウス、および名前空間。

  • ユーザーに対して多要素認証が有効になっているかどうか。

  • ユーザーが最後にログインした時。

  • ユーザーのステータス。

  • ユーザーに付与されたロールの数。

権限

Privileges セクションを使用して、ユーザーのSnowflakeグローバル権限を管理します。 Privileges セクションでは、 APPLY SESSION POLICY や MONITOR などのロールに対するグローバル権限をユーザーに付与できます。

詳細については、Snowflakeが ユーザーと権限 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

付与されたロール

Granted Roles セクションには、ユーザーに付与されたロールがリストされます。 Granted Roles セクションを使用して、ロールを表示、付与、および取り消します。

ロール

Roles page を使用すると、アカウントのロールを表示および管理できます。 Roles page では、次が提供されます。

  • ロール間の関係を示すグラフ。

  • 自身のロールの詳細なテーブル。

このセクションでは、 Roles page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ロールタブ

Roles page には、次のタブが含まれています。

  • Graph

  • Table

ロールを作成する

ページの右上隅で、 Role を選択してロールを作成します。

グラフ

Graph タブでは、ロールのグラフが提供されます。ロールのグラフには、アカウントのロールの階層が表示されます。グラフのパスは継承を示しています。グラフは階層の降順で編成され、親ロールから子ロールへの継承を表します。

このセクションでは、ロールのグラフのナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ロールとユーザーエクスプローラー

左側のナビゲーションの横にある ロールとユーザーエクスプローラー を使用すると、個別のロールとユーザーを選択できます。選択したロールまたはユーザーがロールグラフの焦点になります。

ロールとユーザーエクスプローラーの最上部で、 RolesUsers を切り替えて焦点を選択します。エクスプローラーを検索して、名前でロールとユーザーをフィルターします。

ロールのグラフ

ページの中央にある ロールのグラフ は、ロールの視覚的な階層を提供します。

グラフで、ロールを選択して、そのロールに関する追加の詳細を表示します。

グラフナビゲーション

グラフの右上隅で、ズームインおよびズームアウトし、焦点を当てたロールまたはユーザーでグラフを中央揃えにします。

詳細

ロールを選択すると、そのロールに関する Details がグラフの右側に表示されます。

Manage Grants では、次のアクションが提供されます。

  • Grant Role

  • Grant to Role

  • Grant to User

  • Revoke Grant of Role

  • Revoke Grant to Role

  • Revoke Grant to User

  • Manage Global Privileges

詳細メニュー

詳細の右上隅にある 詳細メニュー を使用すると、次を実行できます。

  • 選択したロールのグラフを中央に配置する。

  • ロールの詳細ページを表示する。

詳細については、Snowflakeが ロールの管理 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

テーブル

ロールテーブルには、次の列が含まれています。

  • Name

  • Granted Roles

  • Granted To Roles

  • Users

  • Created

  • Owner

ロールに関する追加の詳細を表示するには、テーブルでロールを選択します。

ロールの詳細

ロールテーブルでロールを選択すると、ロールの詳細ページが表示されます。

このセクションでは、ロールの詳細ページのナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

基本的な詳細

ロールに関する基本的な詳細は、ページの最上部にあります。

For assistive technology, the more button.

ロールの詳細メニュー

ページの右上隅にあるロールの詳細メニューでは、次を実行できます。

  • このロールに別のロールを付与する。

  • このロールを別のロールまたはユーザーに付与する。

  • このロールから別のロールを取り消す。

  • 別のロールまたはユーザーからこのロールを取り消す。

  • グローバル権限を表示、付与、および取り消す。

  • ロールを編集する。次のロールオプションを構成できます。

    • Name

    • Comment

  • ロールをドロップする

詳細については、Snowflakeが ロールの管理 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

ロールの詳細ページには、次のセクションが含まれています。

  • About

  • Privileges

  • ロールの付与

  • ユーザーの付与

概要

About セクションでは、次のようなロールに関する追加情報が提供されます。

  • このロールに付与された他のロールの数。

  • このロールが付与された他のロールの数。

  • このロールを付与された他のユーザーの数。

権限

Privileges セクションを使用して、ロールのSnowflakeグローバル権限を管理します。 Privileges セクションでは、 APPLY SESSION POLICY や MONITOR など、他のロールに対するグローバル権限をこのロールに付与できます。

詳細については、Snowflakeが ロールと権限 に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

ロールの付与

ロールの付与セクションには、次の2つのタブがあります。

  • Granted Roles

  • Granted to Roles

タブを使用して、ロールを表示、付与、および取り消します。テーブルを検索して、名前でフィルターできます。

Granted Roles タブでは、このロールに付与されている他のロールのテーブルが提供されます。

Granted to Roles タブでは、このロールが付与されている他のロールのテーブルが提供されます。

ユーザーの付与

ユーザーの付与セクションでは、このロールが付与されているユーザーのテーブルが提供されます。このセクションを使用して、ロールを表示、付与、および取り消します。テーブルを検索して、名前でフィルターできます。

セキュリティ

Snowsight の Security 領域には、次の2つのページが含まれています。

このセクションでは、 Security 領域のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ネットワークポリシーとセッションのページ

Security 領域の左上隅で、 Network Policies ページ(デフォルト)または Sessions ページを選択します。

ネットワークポリシー

Network Policies page を使用すると、ネットワークポリシーを表示および管理できます。 Network Policies page は、セキュリティ領域のデフォルトページです。 Network Policies page には、すべてのアクティブおよび非アクティブなネットワークポリシーがリストされます。

このセクションでは、 Network Policies page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

ネットワークポリシーを作成する

ページの右上隅で、ネットワークポリシーを選択してネットワークポリシーを作成します。

詳細については、Snowflakeが ネットワークポリシー に関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

基本的な詳細

ページ上の各ネットワークポリシーには、ポリシーの簡単な詳細と現在のステータス(非アクティブまたはアクティブ)が含まれています。

ポリシーをアクティブ化および非アクティブ化する

各ネットワークポリシーの右側にある Activate Policy を選択して、対応するネットワークポリシーをアクティブにします。

Deactivate Policy を選択して、対応するネットワークポリシーを無効にします。

ネットワークポリシーメニュー

ページ上の各ネットワークポリシーには、対応するネットワークポリシーのアクションメニューが含まれています。

ネットワークポリシーメニューでは、次を実行できます。

  • ネットワークポリシーを編集する。次のネットワークポリシーオプションを構成できます。

    • Allowed IP addresses

    • Blocked IP addresses

    • Comment

  • ネットワークポリシーポリシーをドロップする。

ネットワークポリシーのプレビュー

各ネットワークポリシーの中央にあるポリシーのプレビューでは、ネットワークポリシーの CIDRs アドレスと IP アドレスを表示および検索できます。

セッション

Sessions page では、開いているSnowflakeセッションの詳細なテーブルが提供されます。セッションテーブルには、次の列が含まれています。

  • Session ID

  • User Name

  • Start Time

  • Client Driver

  • Client Net Address

  • Authentication

このセクションでは、 Sessions page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

フィルター

ページの右上隅で、セッションテーブルを検索してフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • User Name

    • All (デフォルト)

    • 特定のユーザー。

  • Client Driver

    • All (デフォルト)

    • Go

    • PythonConnector

  • Authentication

    • All (デフォルト)

    • OAuth

    • Password

    • Fed SAML 2.0

詳細については、Snowflakeがセッションに関する詳細な技術ドキュメントを提供しています。

請求

Snowsight の Billing area には2つのページが含まれています。

  • Payment Methods

  • Snowflake Data Marketplace Billing

このセクションでは、 Billing 領域のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

請求ページ

Billing 領域の左上隅で、 Payment Methods ページ(デフォルト)または Snowflake Data Marketplace Billing ページを選択します。

支払い方法

Payment Methods page を使用すると、Snowflakeに使用するクレジットカードを構成できます。

このセクションでは、 Payment Methods page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

クレジットカードを追加する

ページの右上隅にある Credit Card を使用して、支払い方法を追加します。

Snowflake Data Marketplace の請求

Snowflake Data Marketplace Billing ページでは、利用規約に署名し、Snowflake Data Marketplaceの支払い方法を構成できます。

請求とSnowflake Data Marketplaceの詳細については、 Snowflake Data Marketplaceのドキュメント をご参照ください。

連絡先

Snowsight の Notification Contacts ページでは、セキュリティ、プライバシー、および製品の通知を受信するためのメールアドレスを設定できます。

メールは Snowflakeポリシー通知 に従って送信されます。

アカウント

Snowsightの Accounts page を使用すると、組織のアカウントを表示および管理できます。 Accounts page では、アカウントの詳細なリストが提供されます。

このセクションでは、 Accounts page のナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

フィルター

ページの右上隅で、アカウントテーブルを検索してフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • Edition

    • All (デフォルト)

    • Standard

    • Enterprise

    • Business Critical

  • Cloud

    • All (デフォルト)

    • AWS

    • Azure

    • GCP

  • Region

    • All (デフォルト)

    • 少なくとも1つのアカウントを持つリージョン。

詳細については、Snowflakeがエディション、クラウドプラットフォーム、リージョンに関する 詳細な技術ドキュメント を提供しています。

アカウントを作成する

ページの右上隅にある Account を使用して、組織のアカウントを作成します。

注釈

アカウントは、 ORGADMIN ロールを使用している場合にのみ表示されます。

パートナー接続

Snowsightの Partner Connect ページでは、Snowflakeビジネスパートナーが提供するサードパーティのツールやサービスに接続できます。詳細については、 Snowflake Partner Connect をご参照ください。

このセクションでは、 Partner Connect ページのナビゲーションと使用方法の概要を提供します。

インターフェイス

説明

Partner Connect ページの左上隅で、Snowflakeパートナーを検索します。

パートナーカテゴリ

ページの左上隅にあるカテゴリを使用して、 Partner Connect ページをフィルターします。このページでは、次のカテゴリが提供されます。

  • All Categories (デフォルト)

  • Business Intelligence

  • CI/CD

  • Data Integration

  • Data Science & ML

  • Security & Governance

フィルター

ページの右上隅で、パートナーをフィルターします。次の項目でフィルターできます。

  • Providers

    • All (デフォルト)

    • 個別のSnowflakeパートナー

  • Cloud

    • All (デフォルト)

    • Connected

    • Unconnected

パートナータイル

パートナーは、ページの中央にタイルとして表示されます。提供されている機能の詳細と無料トライアルの情報については、パートナーを選択します。

最上部に戻る