ウェアハウス負荷の監視

ウェブインターフェイスは、2週間にわたってウェアハウスによって処理された同時クエリを示す クエリロード チャートを提供します。ウェアハウスクエリの負荷は、特定の間隔内で実行またはキューに入っていたクエリの平均数を測定します。

このトピックの内容:

負荷監視チャートの表示

注釈

負荷監視チャートを表示するには、ウェアハウスで MONITOR 権限を持つロールを使用する必要があります。

チャートを表示するには:

ウェブインターフェイス

Warehouses Warehouses tab » <ウェアハウス名> をクリックします

Warehouse Load Over Time ページが表示され、棒グラフと、チャートに表示する時間枠を選択するスライダーが表示されます。デフォルトでは、チャートには過去8時間が5分間隔で表示されます。

Snowflake web interface warehouse load monitoring chart

スライダーを使用する

チャートを使用するには、まずスライダーを使用して、チャートに表示する時間範囲を選択します。8時間(最小)から14日(最大)の範囲を選択できます。チャートには、選択した範囲に応じて、5分から1時間の間隔でクエリの合計負荷が表示されます。範囲のサイズを変更すると、適切なスケールを維持するために間隔が動的に変更されます。

スライダーを14日の範囲内の任意の位置にドラッグして、その期間の負荷を表示することもできます。

棒グラフを理解する

表示された期間中にウェアハウスによって処理されたクエリの平均数を表示するには、バーにカーソルを合わせます。バーには、間隔内で発生した各クエリステータスの個別の負荷が表示されます:

クエリステータス

説明

Running

間隔中にアクティブに実行されていたクエリ。間隔の前に実行を開始し、間隔の後も実行を継続したことに注意してください。

Queued

ウェアハウスの過負荷が原因で実行を待機していたクエリ(つまり、他のクエリが実行を終了してコンピューティングリソースを解放するのを待っている)。

Queued (Provisioning )

ウェアハウスがサーバーをプロビジョニングしている間に待機していたクエリ。通常、ウェアハウスが再開されてから最初の数分でのみ発生します。

Queued (Repairing )

ウェアハウスがサーバーを修復している間に待機していたクエリ。まれにしか発生せず、通常は数分以上続きません。

クエリ負荷の計算方法

クエリ負荷は、間隔内のすべてのクエリの実行時間(秒単位)を間隔の合計時間(秒単位)で割ることによって計算されます。

次の例を考えてみましょう:

Snowflake Warehouse Load Monitoring Example

チャートは、5分間の間隔で、実行中のクエリからの負荷が .92 であり、キューに入れられたクエリ(ウェアハウスの過負荷による)が .08 であったことを示しています。次の表は、間隔中にウェアハウスの負荷に寄与した5つのクエリに基づいてこれらの値がどのように計算されたかを示しています:

クエリ

ステータス

実行時間/間隔(秒)

クエリ負荷

クエリ1

実行

30 / 300

0.10

クエリ2

実行

201 / 300

0.67

クエリ3

実行

15 / 300

0.05

クエリ4

実行

30 / 300

0.10

実行中の負荷

0.92

クエリ5

待機中

24 / 300

0.08

待機中の負荷

0.08

TOTAL WAREHOUSE LOAD

1.00

特定の間隔で実行中のクエリの実際の数(および各クエリの期間)を確認するには、 History History tab ページをご参照ください。このページで、クエリ履歴をウェアハウスでフィルタリングし、負荷監視チャートで指定した間隔までスクロールダウンします。

負荷監視チャートを使用して決定

負荷監視チャートは、現在および過去の使用パターンを示すことにより、ウェアハウスの管理に関する意思決定に役立ちます。

クエリのパフォーマンスが遅い

クエリの実行速度が遅いことに気づいたら、過負荷のウェアハウスがクエリのリソースを奪い合っているか、キューに入っているかどうかを確認します:

  • 実行中のクエリの負荷が高い場合やキューイングがある場合は、別のウェアハウスを開始し、キューに入れられたクエリをそのウェアハウスに移動することを検討してください。または、 マルチクラスターウェアハウス を使用している場合、マルチクラスター設定を変更し、クラスターを追加して、より高い同時実行性を処理できます。

    Snowflake Warehouse Showing a High Load
  • 実行中のクエリの負荷が低い場合、ウェアハウスのサイズを変更して、より多くのコンピューティングリソースを提供できます。追加したリソースを利用するには、クエリを再起動する必要があります。

    Snowflake Warehouse showing a low load

ピーククエリパフォーマンス

過去2週間のウェアハウスでの毎日のワークロードを分析します。繰り返し使用量が急増する場合は、ピークワークロードの一部を独自のウェアハウスに移動し、残りのワークロードをより小さなクラスターで実行することを検討してください。または、マルチクラスター設定を変更してクラスターを追加し、今後の同時実行性を高めることができます。

Snowflake Warehouse showing daily usage over a two-Week period

現在のワークロードが通常よりかなり高いことに気付いた場合は、 History History tab ページを開いて、どのクエリがより高い負荷に寄与しているかを調べます。

過度のクレジット使用状況

過去2週間のウェアハウスでの毎日のワークロードを分析します。ウェアハウスが稼働しクレジットを消費しているときにチャートに繰り返し期間が表示されているが、クエリの合計負荷がかなりの期間 1 未満である場合、ウェアハウスの使用は非効率的です。次のアクションのいずれかを検討できます:

  • ウェアハウスサイズを小さくします。ウェアハウスのサイズを小さくすると、一般にクエリの実行時間が長くなることに注意してください。

  • マルチクラスターウェアハウスの場合、 MIN_CLUSTER_COUNT パラメーター値を減らします。