Snowparkの開発環境の設定

Snowparkライブラリは、Mavenを介して JAR ファイルとして配布されます。Snowparkを依存関係として、独自のMavenプロジェクトまたは SBT ビルドファイルに統合できます。別の方法として、アプリケーションで使用するために JAR ファイルをダウンロードできます。

このライブラリを使用して、次のようなさまざまな環境でアプリケーションを開発できます。

  • アプリケーション開発ツール(Visual Studio Codeや IntelliJ IDEA Community Editionなど)

  • read-eval-printループ(REPL) インタラクティブシェル(sbt REPL やScala REPL など)

  • Jupyterノートブック

この一連のトピックでは、Snowparkライブラリを使用するように、さまざまな種類のアプリケーション開発環境を設定する方法について説明します。

次のトピック: