2023年11月3~6日 --- 7.39リリースノート(Snowday 2023使用)

注意

リリースが完了しました。

これらのリリースノートの先行版と最終版の違いについては、 リリースノートの変更ログ をご参照ください。

新機能

Azure、 GCP、 VPS のBudgets --- プレビュー

このリリースにより、Microsoft Azure(Azure)および Google Cloud Platform(GCP)リージョンのアカウント、および VPS エディションのアカウントに対するBudgetsのプレビューをお知らせします。

Budgetsを使用すると、特定のSnowflakeオブジェクトのグループに対するSnowflakeクレジット使用状況をアカウントレベルでモニターおよび通知できます。アカウントでサポートされているオブジェクトのコンピューティングコストについて、毎月の支出制限を定義することができます。アカウント予算に加えて、カスタム予算を作成して、カスタムグループのオブジェクトのクレジット使用状況を監視することができます。クレジット使用状況が月間限度額を超えそうになると、Budgetsから通知が届きます。

詳細については、 Budgetsを使用したクレジット使用状況のモニタリング をご参照ください。

コネクタ用Snowflake Native SDK --- プレビュー

このリリースにより、Snowflakeは、コネクタ用Snowflake Native SDK のプレビューサポートをお知らせします。コネクタ用Snowflake Native SDK は、外部データソースからSnowflakeにデータをインジェストするSnowflake Native Appの構築方法を示すアプリケーションテンプレートとクイックスタートのセットです。

詳細については、 コネクタ用Snowflake Native SDK をご参照ください。

セキュリティの更新

アクセス制御: データベースロール --- 一般公開

このリリースにより、データベースロールの一般公開をお知らせします。データベースロールは、同じデータベース内にあるセキュリティ保護が可能なオブジェクトに対する権限を付与したり、取り消したりすることができるデータベース内のエンティティです。データベースロールは、その範囲を除いてアカウントレベルのロールに似ています。アカウント内の任意のオブジェクトに対する権限をアカウントロールに付与できますが、データベースロールに付与できるのは、同一データベース内のオブジェクトに対する権限のみです。

Snowflakeは、共有 SNOWFLAKE データベース に OBJECT_VIEWER や GOVERNANCE_VIEWER などの組み込みデータベースロールを提供します。これらのデータベースロールを使用して、共有 SNOWFLAKE データベースへの最小権限アクセスアプローチを有効にすることができます。たとえば、これらのデータベースロールをアカウントレベルロールに付与する場合、 SNOWFLAKE データベース内のすべてに対するアクセスを提供する同一アカウントレベルロールに、 SNOWFLAKE データベース上で IMPORTED PRIVILEGES を付与する必要はありません。さらに、共有 SNOWFLAKE データベースのビューをクエリするために、本番環境で ACCOUNTADMIN ロールを使用する必要はありません。

2022年12月にプレビューに移行して以来、以下の領域でデータベースロールのサポートを追加しました。

  • 複製。

  • CREATE DATABASE ROLE ... CLONE 構文を使用してクローニングします。

  • ローカルデータベースにおける将来の付与共有データベースロールに対する将来の付与はサポートされていません。

IS_DATABASE_ROLE_IN_SESSION 関数と ポリシーで保護されたデータの共有 の使用は、引き続きプレビュー段階です。

データパイプラインの更新

新しい関数 SYSTEM$TASK_RUNTIME_INFO

このリリースにより、新しいシステム関数 SYSTEM$TASK_RUNTIME_INFO をお知らせします。このシステム関数は現在のタスク実行に関する情報を返すので、タスク実行を簡単にカスタマイズできます。

詳細については、 SYSTEM$TASK_RUNTIME_INFO をご参照ください。

拡張性の更新

外部ネットワークアクセス --- Azureでプレビュー

このリリースにより、プロシージャおよび UDF ハンドラーコードからの外部ネットワークロケーションへのアクセスのプレビューサポートが、Azure上のアカウント(政府リージョンを除く)で利用可能になったことをお知らせします。

外部アクセスの統合により、以下が可能になります。

  • 外部ロケーションにアクセスする UDF とプロシージャハンドラーを記述する。

  • Snowflakeの外部ネットワーク上のロケーションへのアクセスを許可またはブロックする。

  • 外部ネットワークロケーションとの認証を行うハンドラーコード内では、リテラル値を使用するのではなく、保存されている認証情報を表すシークレットを使用します。

  • 外部ネットワークロケーションでの使用を許可するシークレットを指定します。

ネットワークルールとネットワークポリシーの併用については、 外部ネットワークアクセスの概要 をご参照ください。

ベクトル化されたPython UDTFs --- 一般公開

このリリースにより、ベクトル化されたPython UDTFs (ユーザー定義テーブル関数)の一般公開をお知らせします。

ベクトル化されたPython UDTFs は、パーティションをpandas DataFrames として操作し、結果を pandas DataFramesまたは pandas Seriesまたは配列のリストとして返すことで、パーティションごとのシームレスな処理を可能にします。ベクトル化されたPython UDTFs により、Pandas DataFrames またはPandas配列で動作するライブラリの統合が簡単になります。

詳細については、 ベクトル化されたPython UDTFs をご参照ください。

データガバナンスの更新

仮想列でのマスキングポリシーの設定 --- 一般公開

このリリースにより、Snowflakeは、外部テーブルの仮想列にマスキングポリシーを設定する機能の一般公開をお知らせします。この更新により、仮想列のマスキングポリシーが VALUE 列から継承するマスキングポリシーを上書きできるようになりました。この更新により、データ管理者は VALUE 列の半構造化データからビューを作成し、ビューを保護する必要がなくなるため、外部テーブルの管理が簡素化され、保護された仮想列が不必要にデータを公開しないため、一貫したデータ管理と外部テーブルデータの保護が実現します。この更新は、2023年8月にプレビューで発表されました(7.30)。

詳細については、 マスキングポリシーと外部テーブル をご参照ください。

リリースノートの変更ログ

お知らせ

更新

更新日

Azure、 GCP、 VPS でのBudgets --- プレビュー

新機能追加済み

2023年11月3日

アクセス制御: データベースロール --- 一般公開

セキュリティの更新追加済み

2023年11月1日

コネクタ用Snowflake Native SDK --- プレビュー

新機能追加済み

2023年10月31日

新しい関数 SYSTEM$TASK_RUNTIME_INFO

データパイプラインの更新追加済み

2023年10月31日